2020年7月3,6,8,10日

7月3日・金曜日。曇り時々雨。前回の文章に手をいれた。前回は粗製乱造の気味があり、情けない。文章は日を置いて推敲してこそ、何とか読めるようになるのだ、こう毎回、思い知らされているのだが。

7月6日・月曜日。雨。本日はわが喜寿の誕生日なるが、佐藤愛子氏の『90歳。何がめでたい』が、分からなくもない心境である。とは言え、動ける間は、周囲に大いに迷惑をかけながら、ジタバタとやって行きたい。

7月8日・水曜日。曇り。この所、事務所には来ているのだが、何やかやあって「手紙」は進まない。今日こそ、ケリを付けたい。

7月10日・金曜日。曇り。前回の文章に手を入れ、多少は輪郭が出てきたか。残りの時間は溜まった資料の整理に充てた。

 

本書は450頁に及ぶ、かなりの大著である。一名「仕事事典」と名乗るだけあって、プロの物書きの他に、耳にはするが、それら仕事の実際と苦労が如何なるものか、筆者には見当もつかない職業人からの文章が多数掲載されていて、中々面白い。以下はその一例である。製紙会社営業部、ミュージシャン、ライブハウス店員、映画館副支配人、女子プロレスラー、ホストクラブ経営者、葬儀社スタッフ、馬の調教師、水族館職員、舞台人、メディアアーティスト、占星術家と言った面々である。他にも、少女期に大変な苦労を負った中国からの女子留学生による、アルバイト生活の健気な記録もあるが、とてもその一々を紹介することは出来ない。

以下では、先のソーシャルワーカーとの関連で「ごみ清掃員」の日記の一端を記すにとどめたい。東京在住の男性。43歳の芸人ながら、生活のために清掃員として働く。恐らく、派遣労働者なのであろう。だが、その職務は重大である。「例えば二週間、ごみ回収をおこなわなかったらどうなるだろう。街はごみであふれ、衛生的にも防犯的な面でも壊滅的な現実が待ち受けているだろう」。

雨の日の作業は、ごみが舞い上がらず、ウィルスが流されると思えば何となく「恵みの雨」にも見えてくる。落ちた箸、散乱するティッシュを拾い集めるにも、恐怖が襲う。「見えないものというのはこんなに怖いのかと初めて知った。しかし怖いからと言ってごみの回収を止める訳にはいかないので、責任感一点で回収を続ける。」家庭からでるごみに紛れた自宅療養の医療破棄物の怖さは格別である。マスクをした作業の息苦しさもこたえる。そんな時には、思わず軍手のままマスクを摘まんだり、雨に濡れた顔を軍手で拭ってしまうことも時にある。「気を付けなければ。誰も責任は取ってくれない。自己責任だ」。

「殺意を覚える時がある」。分別されないごみには、袋に入ったビンや缶を取り出し、その場に置いていく事になるが、それがまた怖い。「袋を破れば見えないウィルスが飛び出すかもしれないと思いながら破く。…出す方は一本くらいわからないだろうとなんて思いながら可燃ごみに缶を混ぜるが、全ての清掃員は全部わかる」。

要するに、作業そのものが感染の最中にいるようなものである。だから、清掃員の別れの挨拶が、「また生きて会いましょう」とは、冗談とは言えない真実味があるだけに何とも言えない辛さが募る。しかも彼らの現状は、こうである。関西の清掃員からのメールである。「もしコロナにかかったら、命をかけて働いているのに無収入になる現実はおかしいのではないか…。僕も家族がいてます。この言葉が僕の胸に刺さった」。

行政経費の削減と民間活力の活性化を錦の御旗として、行政の為すべきすべての業務を民間に任せ、元請業者は下請けにおろし、最終的には、いかなる条件や待遇でも引き受けざるを得ない、生活困窮者にこれらを押し付ける仕組みが出来上がって、もう何年になろうか。しかもここでは、業務に対する「責任感」と誠実さまで要求されながら、確たる保証も無い上、用済みとなれば直ちに切り捨てられる。こんな酷薄な制度が今後も、差しさわりなく存続していけるものなのであろうか。その間に拡大した身分的、経済的な格差と蔑視を思う時、取り換えしの付かない間違いを犯しているように思えてならないのである(この項、終わり)。

2020年7月1日

7月1日・水曜日。曇り。本日は年後半の初日である。新たな心で立ち向かおう、と意気込むには、国内外を覆う暗雲が巨大に過ぎる。世界のコロナ感染者は1000万人に達し、収束どころか拡大している、とはWHOの警告である。中国、朝鮮半島の政治状況、そして我が国自身のぬぐい難い閉塞感が、これに重なる。こんな時には、CDで上質の落語を聴くのが一番か。

 

昨日、注文しておいた、気になる本がやっと届いた。左右社編集部編『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』(左右社・2020)である。言うまでもなく、自分の日々の生活は誰かの仕事によって支えられている。だが、それが当たり前すぎて、改めてその事に思いを寄せる、そんな気持ちすら忘れ去って何年になろうか。或いは、その仕事に対してはそれなりの対価を支払っているのだから、それで済んでいる。だから、別段、それ以上の事を考えるまでもない。

しかし、こんな思いが募れば、筆者もまた、この所見てきたエッセンシャルワーカーに対する、人々の心ない態度と変わらないものになりかねない。イヤ、すでにそうなっているのか。そんなわが心根を見透かしたように、本書の表紙のタイトルを取り巻くようにして付された、「何に対しても私と関係ないって思ったら 終わりじゃん?」との一文が突き刺さる。

本書の誕生はこうである。この度のコロナ禍は、働き方の変容はまだしも、仕事そのものを消滅させるという、多くの酷い事態をもたらしたが、こうして蒙った仕事上や生活上の危機を、人々は一体どう乗り越えようとしているのであろうか。この事に思い至った左右社編集部は、緊急事態宣言の出された当日、77人の多様な職業の人たちに、そうした日々の最中を記した日記を書いてくれるよう依頼した。それを構成してなったのが本書である。

それゆえここには有名・無名、また年齢を問わない人々の生の生活が、それを支える仕事の苦悩と共に記されており、期せずして本書は「ひとつの仕事は、誰かの生活につながり、その生活がまた別の人の仕事を支えている。本書は仕事事典であると同時に、緊急事態宣言後の記録であり、働く人のパワーワードが心に刺さる文学作品」ともなり得たのである(「はじめに」)。この一文の中に、筆者は前回、ただ提起したのみで、答えられなかった問題の回答を、一つ見る思いである。如何なる職業であれ、社会につながり、誰かを支えているのである。それ故に貴く、どれも疎かにされてはならない、と(以下次回)。

2020年6月22日

6月22日・月曜日。雨。今月より週3日の配信を心掛け、秘かに固く決意したものの、早や緩い決意に変わりつつある。来月は、元通りになるやもしれない。理由はネタ切れにあらず、単に疲労である。本日は、6月17日(水)の問題に戻り、それを引き継いで考えたい。

 

そこでの論旨はこうであった。介護の現場とは、物品ではない、生身の虚弱な、それ故しばしば自分では処理しえない不満と鬱屈を抱える高齢者を対象とし、排泄の処理はじめ、神経と肉体をすり減らす作業の場である。その上、人員不足、多忙、長時間労働、報酬等、あげればきりの無い不満が重なる。仕事の重要性は社会も認めるが、しかし介護職に対する評価は限りなく低い。この事は、介護者当人を目の前にした、利用者たちのあけすけな差別や蔑視の言動からもハッキリしている。そうなったのは、介護職など、誰でも出来る、簡単・単純で低レベルの職務であり、替えは幾らでもあると言う、社会通念に拠るのであろうか。しかし、介護職とは、決してそんな単純労働ではなく、技術や経験に加えて精神的な靭さと成熟を要するタフな職務であることは、すでに見た通りである。

わが国の高齢者人口は、今後、漸増する一方であることは、各種の統計数値からも明らかである。他方、介護を職業として選択しようとする若者は、それに見合っていない。かくて、両者の乖離は拡大するばかりとなる。しかも、現在すでに介護難民が取りざたされ、その対応は苦しく、やむなく介護離職に追い込まれる人々は、年間、8~10万人になると言われる。だが、その弊害は、経験のある社員を、突然失う企業にとって大きな痛手であるばかりか、離職者としても「経済的・肉体的・精神的な負担」は耐えがたく、社会的な損失は計り難い現状である(酒井穣・リクシス副社長。朝日新聞・6/3・水・11面)。

であれば、社会や国は、この問題に早急かつ真剣に取り組まざるを得ない段階にあり、差別や蔑視などと言っている場合では、もはや無い。介護職とはかくも重要な職務であり、老々介護の惨状と悲鳴、さらには介護に絡む事件の頻発ぶりを思えば、遅滞は許されるものではない。

現在のコロナ禍はこうした問題を抉り出したが、しかし同様に差別と蔑視に苦しむ職業は、介護職に限った事では無かった。エッセンシャルワーカーと言われる、社会生活を支える流通・スーパー・交通・土木工事等の、いわばテレワークの出来ない各種の職業についても同様の事が言えるのである。日頃、低賃金、長時間労働を強いられ、経済的・社会的な格差の苦しみに喘ぎ、ようやく日々の生活をやりくりしていた者たちが、コロナ禍によって突然生計の道が絶たれてしまう。その鬱憤が突如爆発してもやむを得ない。これが極端な形で突発したのが、米国社会の問題ではなかったか。日本社会にはそれほどの根深さは、いまだ存在しないのかも知れないが、その胚芽はあると感ずる。

しかしこの問題以上に、筆者が問いたいのは、社会的な有用性、重要性のあるものだけが評価され、それ以外の、一見すると無益にみえたり、用途の定かならぬものは、打ち捨て、無視して構わないと言う、現代社会の酷薄さである(いや、これは現代に限らず、人間社会に根ざした、太古以来の根源的な酷薄さであるのだろうが)。しかし、この問いは、恐らく、人間存在の在り方に触れる、宗教的、哲学的な問いに触れることになり、これに答えるには、わが脳髄は余りに微弱に過ぎるため、ここではただ問いとして提出するにとどめる他はない(この項終わり)。