2019年10月16日

10月16日・水曜日。曇り。

まず、この度の台風被災地の皆様方に心よりお見舞い申し上げたい。今なお曇天から漏れ出しそうな雨は、細やかであっても被災地には恐怖である。「雨よ、降るな」と祈るのみ。これは、他人ごとではない筆者自身の祈りでもある。

13日未明の豪雨はわが家周辺の道路を冠水させ、栗橋辺りでは利根川の決壊が危惧された。市に問い合わせれば、決壊は春日部一体で1,2mほどの冠水となる事から、現在避難所を準備中である、整い次第避難勧告を出すとの事。冗談じゃない。深夜3時、体調不具合の上、30㎝余りの水路の中をかなり遠方の避難所までどうするんだと、暗然とするばかり。同時に被災者の方々の思いに繋がった。結局、決壊は免れたが、単に幸運であったに過ぎない。次はどう転ぶか分からない。今後も温暖化は続き、しかも悪化しそうだと言うのだから。

都内では、多摩川の越水、内水氾濫(川の水位が上がり、下水道を逆流して市内冠水を惹き起こす事)を来たし、周辺地域を困窮させた。こうした事態は豪雨の際には珍しいことではなく、20年ほど前であったか、下水道から河川に放流された汚水が逆流し赤羽駅近辺を汚臭が覆ったことがある。また、19世紀末のベルリン市では、下水道の整備によって汚濁、汚染から解放されるが、豪雨の折、シュプレ-川に放流された汚水の逆流の被害を受けた。一つの文明の利器が、思いがけない形で人々の生活を侵害する事例である。

恐らく、ある技術に潜む全ての不備や欠陥を予測し、予防することは人間には不可能であるに違いない。航空機や関連施設の発展の歴史が示すように、一つひとつの失敗に気づかされ、改善される他ないのである。進歩とはその積み重ねの結果であろう。だから技術の進歩は何処までも未熟であり、完成はありえない。その事をシカと心に留め、安心してはいけない(その意味で、原子力関連の技術は不幸である。事故は時間的、空間的に甚大に過ぎ、失敗が許されず、よってここでは改善の道が絶たれているからである)。

だが、直接その被害を被った人々は不幸の極みである。罪とがもなく、突然、災難に叩き落されるのである。この度の事例で言えば、武蔵小杉のタワーマンションで生じた電気系統の破綻がもたらした生活の困苦は、誠に同情を禁じ得ない。報道にもあったが、何故自分たちだけがコンナ悲惨に遭わなければならなかったのか。これに答えられる人は恐らくいない(本日はこれまで)。

2019年10月11日

10月11日・金曜日。曇り。特大台風、関東地方直撃前夜。昨日のジャパンタイムズには世界が注視する台風とあった。房総方面の住民への憂慮もさることながら、やや内陸部にあるわが家の安全すら覚束ない。一体、地球はどうなってしまったのか。自然からこれだけの警告を受けながら、根本的な対策を先延ばしにしようとする我ら人類は、まだ目が覚めないのであろうか。今後、どれ程の惨劇と犠牲を見れば気付くのであろう。なお、過日の論考「記念事業に寄せて」にコメントを得、わが意を強くした。

 

まず、摩天楼(筆者には、この言葉は子供の頃写真で見たニューヨーク市のそれしか思いつかない景観であったが、それが東京のど真ん中に出現したことに、いまだ信じられない思いである)とも言うべき巨大マンション群を現出させた行政の意図はこうだ。月島のような伝統的な地域では古い木造家が多く、いかにも火災に弱い。こうした災害に対するに、現行プロジェクトは不可欠な対策である、と。この政策には、単に火災対策ばかりか、行政にとっては効率的な都市行政、また事業税やら住民税等の財政的収入の意味も込められていようが、それ以上に大手ディベロッパーの経済的な利得チャンスこそが、この開発を突進させた原動力ではなかったか。

勿論、その背後には、高層マンション群に対する旺盛かつ持続的な需要があるからである。第一に、職場から至近距離にあり、通勤地獄とは無縁である。次いで居住区間の快適さに加えて、建物全体の仕様と外構の整備、要するにアメニティーの完成度があげられる。さらに極めつけは、昼には木更津沖から三浦岬にいたる東京湾を一望し、夜には宝石箱をぶちまけた煌めくばかりの大東京の夜景を、日々堪能できる眺望があるのだ。そこから見下ろす世界は、何か一城の主の感があるらしい。26階のマンション購入者は言っている。「アイツらより偉い、と思えるような魅力的な場を持てると言うのは、イイもんだが、これは単なる見てくれに過ぎない」。これらは「一分間の魅力に過ぎない。…引っ越してみれば、そんな高揚感は持続しないモノだろう」。

このような需要と供給に惹かれて、月島界隈から豊洲、有明にかけて高層マンションが林立し、まさに東京の摩天楼ともいえるほどの勢いは今なお止まる気配もない。建築技術の発展を見せつけられる思いだが、このままその流れに任せてよいものだろうか。そこに潜む問題は無いのだろうか。マーティン氏はそう指摘するのである(本日はこれまで)。

2019年10月4日

10月4日・金曜日。晴れ。秋半ばと言うのに連日のこの暑さ。これはやはり尋常ではない。天災は忘れた頃の事だと教えられたが、今や毎年、毎月のように、忘れる間もなくやってくる。しかも桁外れの災害がである。にも拘らず、人の生活は、私を含めて何も変わらない。いずれ取り返しのつかない事態に陥ることを感じながら、何とかなるだろう、と。ある時代・文明の没落とは、こういうことかも知れない。

 

本欄ではこれまで、地方の過疎化問題を見てきたが、今回は都市の発展の在り様に目を転じてみよう。過疎化する地方の反対側にある都市では何が起こっているか、と言うことである。資料はTheJapanTimes,Sun,Sep.2019に掲載された「巨大ビルの影で」と題された記事である。中見出しには「高層マンションへの需要は強いが、批評家は警告する。こうしたビルディングは地域社会を分断する」とある。

対象地は近年急速に高層化されてきた東京下町の月島である。かつては墨田川に隔てられて銀座界隈の賑わいから忘れ去られた様にして、小さな木造の家々が建ち並び、それが細い路地を造り、もんじゃ焼きで知られ、江戸、明治以来からのいかにも下町風情の暮らしぶりが、残されてきた。だが今や景観は一変する。巨大マンションが林立し、昔ながらの住民たちを呆然とさせるに至った。以下はその顛末であるが、アレクス・マーティンなる記者の書いた、二面にわたるかなり大きなレポートである。言わば、外国人の目から見た都市変貌史の一幕である(本日はわが体調のゆえ、ここまでとする)。