2017年8月28日

8月28日・月曜日。晴れ。時に涼風そよぐ(前回の文章、若干だが、決定的な訂正あり)。

平沢関係の本を読んでいくと(と言って、ほんの数冊だが)、妙な気持に捉われる。彼の逮捕から日本堂事件の発覚に至るまでは、何か悪い夢を見ているうちに、犯人に仕立てられた。これは不運な偶然が重なった結果に過ぎず、いずれ事実が判明すれば釈放される。これまで運命に弄ばれた彼の命運は、やがて賽の目が変わってきっと吉となる。その筈であった。しかし「日本堂事件」は、彼を死刑囚へと追いやった。これを契機に国家意思の万力が作動し、どう足掻こうとも彼はこの窮状から逃れ出ることが出来なくなった。最早それは、偶然ではなく、必然となったのである。国家的要請を果たすために、彼は無理無理に罪を背負わされ、その道を歩まざるをえなくなった。こんな思いをもたざるをえない。

ここでは、使用された薬剤に関する証言者の変更についてのみ、一件、挙げておこう。捜査当局は当初から、事件の特殊性、毒物の手慣れた扱いに徴して、旧軍の細菌研究者を疑い、登戸研究所元所員にも捜査は及ぶ(昭和23年4月25・26日の事である)。その一人、杉山圭一は捜査一課小林・小川の両刑事に言う。「青酸カリでは危険でできないから、青酸ニトリールを使ったのが正しいと思われる」。これは同元所員たちの一致した見解である。

そして、後に薬剤の判定について重要な役割を果たした判 繁雄も、当初、同様の語り口であった。引用しておこう。「帝銀事件を思い起こして考えてみるに、青酸カリは即効的なものであって、一回先に薬を飲ませて第二回目を一分後に飲ませて、さらに飲んだ者がウガイに行って倒れた状況は、青酸カリとは思えない。青酸カリはサジ加減によって時間的に経過させて殺すことはできない。私にもしさせれば、青酸ニトリールでやる。青酸ニトリールを飲ませた場合は、青酸は検出できるが他の有機物は検出できない」。この証言は警視庁捜査第一課・甲斐文助係長の『帝銀椎名町支店員毒殺事件・捜査手記』に記録されているが、しかしこれは公文書ではなく、甲斐係長の個人的メモの扱いであった。ここにも平沢の不幸があった。

しかし、判は証人として、翌年の12月19日、長野地裁によばれ、証言を行うのである。裁判長は東京地裁の江里口清隆であり、帝銀担当の高木一検事が立ち会っている。そこでの興味深い証言はこうである(以下次回)。

2017年8月25日

8月25日・金曜日。相変わらずの蒸し暑さなるも、鶴巻公園のプラタナス、唐楓の葉僅かに色づく。秋近し(前回の文章、やや手直しする)。

平沢には魔が取り憑いたのであろうか。三菱銀行でのほんの一瞬の出来心が、その後の命運を決した。名刺の件も、考えてみれば馬鹿馬鹿しい限りである。22分の1が、何故平沢に絞られたのか。名刺にこだわるなら、山口姓であろう。この注文主こそ真犯人ではないのか等々。それ故、捜査本部もそこそこの尋問で彼を釈放するはずであった。

先にも言ったが、本部の線は別にあった。その理由は犯行の手口そのものの中にある。閉店直後、椎名町支店を訪れた男は、防疫班の腕章を付けており、支店長に厚生省技官の名刺(犯行後持ち帰られた)を差し出しながらこう切り出す。「近所の相田宅から使用する共同井戸がもとで4名の赤痢患者が出た(これは事実であった)。その家人が本日、当店で預金を引き出しているのが分かった。追って、GHQのホートク中尉の指示で消毒班が来るはずだが、その前に予防薬を飲んで貰いたい」。こう告げて、17個の湯飲みを用意させ、二瓶の薬液を取り出した。まず、第一薬をそれぞれの湯飲みにピペットで二回ずつ入れると、一個の湯飲みを取り上げ、飲みかたを指導する。これは歯に触れると琺瑯質が溶けるほど強力であるから「舌を前に出して薬を包み込んで、喉の奥に流し込むように一気に飲」み、あとで中和剤を飲んで貰う、と言いながら自ら飲み込んだ。

16名はそれに倣って、薬を飲むと、口の中がヒリツキ、争って中和剤なるものを飲んだ。それでも口中は収まらず、嗽の許可を求め、洗面所、風呂場へと駆け込むが、途中バタバタと折り重なるように倒れ込み、悶絶すると共に青みがかった液体を吐きながら息絶えた。その間、2分ほどである。この凄惨な場面は、映画からもよく分かる。

ここで注意したいことは、先ずピペットで16個の湯飲みに微量の致死量を正確かつ迅速に配分する技術である。犯人も同じ薬を飲んでいるのである。だから周囲の人々は疑念も持たず指示に従った。一歩間違えれば、彼も同じ目に合うはずであった。これは特殊の訓練と豊富な実践を経なければ出来ることではなく、テンペラ画家の平沢の及ぶところではなかろう。

次いで、死亡に至るまでの状況からみると、殺害の薬物は青酸化合物に違いないが、青酸カリとは考えにくい。青酸カリの場合、服用後ほぼ即死に近く、2分間の猶予はないそうだ。こうした遅効性の薬物は、スパイにとっては殊に有用であった。逃亡の時間が稼げるからであり、誰が仕掛けたかは直ちに判明しがたいからであろう。であれば、そうした毒物の開発が急がれたが、わが国の場合、登戸研究所で開発され、731部隊も中国で実験したという青酸ニトリールがある。帝銀で使用されたのはこれではなかったかと部隊関係者は見ていた。あの薬の飲ませ方は、含んだ薬を思わず吐き出させないようにするためであった。石井四郎もあれは自分の部隊の誰かではないかと言ったという。

警察はその線を追求し、すんでのところまで迫っていた。しかし、捜査はその直前で頓挫する。それは何故か(以下次回)。

2017年8月18,21日

8月18日・金曜日。曇り、蒸し暑し。過日、NHKの「731部隊」特番の再放送を教えられ、録画によってこれを観た。やはり映像の力は違う。よくぞ製作し、放映したものだ。これが我が第一印象であったが、番組関係者の今後を思わざるを得ない。時代はそれを予感させるからである。また、収集した資料の膨大さに目を見張る。是非、その展示、閲覧の可能性を開いて欲しい。

8月21日・月曜日。曇りのち、晴れ。蒸し暑く、不快。(なお、8月14日・月曜日の記述は大いに訂正する。誤解、誤記のため)。

平沢は天覧画を供するようなテンペラ画の大家であった。が、奇矯なる人でもあったようだ。その経緯はともかく、しばしば嘘と誠の境が混濁し、周囲からは虚言癖のある人間として見られていた。それだからであろうか、彼には人には言えない、露見すれば犯罪者となる秘密があった。帝銀事件から遡る事2ヶ月前の11月25日、彼は小切手を換金するため三菱銀行丸ビル支店にいた。折しも、預金を引き出そうと当行に来た女性事務員が、受付番号を落としたのに気づかぬまま、フイと外出する。まさにその時、当の番号が呼ばれ、平沢は素早く拾い、「一万円と預金通帳と印鑑を受け取」り、さらにあろう事か、通帳の改竄に及んで、預金額を40万円にまで増額する。これをカタに借金を計画し、小切手に替えて銀座の日本堂時計店から宝石の購入を画策する始末であった。いずれも未遂に終わる事件であったが、これが後に言う「日本堂事件」である(浜田壽美男前掲書、52頁)。

平沢が逮捕されるのは事件から7か月後の8月21日である。捜査本部は、当初名刺の線上から捕えた平沢を本ボシとは見ていなかった。その後の調査でも、依然確たる物証は出ず、何より椎名町店の生き残った行員の第一回の面通しで、彼だと証言した者は誰もいなかった。この点では、他の二行の行員も同じであった。総じて犯人像としてはあまりに弱く、本部は別の線を本命と見ていたのである。それでも彼の逮捕に至ったのは、浜田氏によれば、居木井為五郎なる警部補の憑かれたような凄まじい捜査にホダサレ、一旦は彼の顔を立ててやろうというところがあったようだ。

その流れが一気に反転するのは、日本堂事件が露見したからである。この被害者たちは一致して彼が犯人であることを証言した。当初、平沢はこれを否認するものの、ほどなく自白し、自らの罪を認めると共に、その後これについて争うことはなかった。ただし、これを機に本部の見方は激変する。今や彼は騙り者であり、虚言者となった。帝銀関係のこれまでの証言は否定され、以降、彼は真犯人として、時に拷問まがいの厳しい追及に晒されるのである(以下次回)。