2019年6月26日

6月26日・水曜日。晴れ。早や夏至越え。向こう半年、太陽は最も苛烈な燃焼と共に、日一日とやせ衰えるか。例によって、前回の文章、やや手を入れた。

 

では、戦いは何故「水を守る運動」となるのか。水、ここでは地域の水系の重要性を最もよく知るのは、北米大陸では先住民たちであった。後の移住者たちはその意味の広さと深さを彼らから教えられる。山から発する細流は互いに結ばれ合って丘を潤し、大河となって海にそそぐ。逆に、鮭を初め海からの回遊魚が川を遡上し、こうして世界は一続きとなる。川は命の水と共に暮らしの糧をもたらすばかりではない。「私たちの魚、動物、植物、民族、その暮らし」を支え、その水系に集住する各氏族や部族を繋ぎ合わせる紐帯でもある。「相互に結びついた水域は命の動脈であり、その流れはこれらのコミュニティーのすべてを共通の目的で結びつける」からである(クライン・下・462頁)。

その水系がフラッキングや採鉱、パイプラインや石油・ガス精製の巨大装置或いは輸出ターミナル等の建設によって寸断され、汚染にまみれるならば、広範な地域住民たちの生存の破壊、消滅は逃れられない。

加えて、ここには大量の水の消費と汚濁がある。その結果、「オイルサンド油田と改質プラントの周りには、宇宙からでも見えるような巨大な鉱滓「池」があるのだ。またシェールガスであれシェールオイルであれ、フラッキングにおいても従来の掘削よりはるかに大量の水が必要である。…「従来のフラッキングで使用された水量の70から300倍に当たる」。使用後、こうした水のほとんどは放射性と有毒性を帯びる。2012年、フラッキング産業はこうした排水を、アメリカだけで約1兆リットル生みだした。『ガーディアン』紙によれば、これは「ワシントンDC全域が深さ6.5メートルの有毒な沼に沈む量」である」。「しかも今日、世界中の淡水資源が危険にさらされている。実際、採掘事業に利用される水は…近年フラッキングが大幅に急増しているテキサス州など、数年にわたる干ばつですでに枯渇しかけている帯水層に由来することが多い」(同上・464頁)。この結果はどうなる。将来、真の水飢饉に直面した場合でも、住民たちはもはや飲料水・生活用水は得られず、彼らの生存は極度の危険に晒されることになる(以下次回)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です