2018年2月20,23日

2月20日・火曜日。晴れ。鶴巻公園の落葉樹、いまだ新芽を見せぬものの、その実確実に膨らむ。

2月23日・金曜日。晴れ。

 

(2)新しい町の形

前項で筆者が言いたかったことは、わが国の都市や市街地は中央、地方を問わず、無計画に拡散し、市街地の果てたところから田地が始まる。だがそこは、確定された農業地と言うよりも、しばしば人口圧力に応じて宅地化される市街化用の候補地であり、殊に大都市郊外地の場合、資産価値の狂騰が見込まれる各種開発こそ待たれる土地である。かくて、都市のスプロール現象は止まるところを知らない、と言うことであった(1)。

勿論、行政はそのような野放図な都市開発によってもたらされる都市環境の悪化、さらには公共投資の負担や行政サービスの非効率性にかんがみ、これらに対する歯止めとして都市計画法(1969施行)、土地基本法(1990公布。公共の福祉を優先した土地利用の在り方を規定した法律)等を策定するなど対策は取ってきたが、十分功を奏したとは言えない。であればこそ、こうした各種の法が制定されたのであろう。

では、そのように拡散した市圏の拡大がもたらす環境悪化や行政サービスの低下(時には消滅)が、最悪如何なるものになりうるかを、たとえば『縮小ニッポンの衝撃』(NHKスペシャル取材班、講談社現代新書・2017)によって見てみよう。所は「財政再建団体」として全国に知られた夕張市である。市は2006年、353億円の赤字を抱えて財政破綻に追い込まれ、翌年国の管轄下に置かれる財政再建団体に指定される。

そこに至る経過を記せば、こうである。バブル崩壊後の1995年当時、日本経済は証券・大手銀行の破綻が相次ぐ時代であったが、市は「炭鉱から観光へ」のスローガンのもと、次々第三セクターを設立し、テーマパークやスキー場の買収やらと「超」積極的な自治体運営に邁進し、そのすべてが破綻した。加えて粉飾まがいのヤミ起債問題まで発覚した。かくて、市は予算編成から市独自の事業も全て国の管理下に置かれる。「2017年3月時点の債務残高は238億円。今後20年間にわたって毎年26億円を返済し続けていかねばならない一方で地方税収入はわずか8億円。地方交付税交付金や国や道からの支出金によって、どうにか帳尻」を合わせている状況である。

その結果としての行政サービスはこうなる。東京23区よりも広大な市圏を擁する当市の住宅管理は、もはや管理というよりも放置から「撤退戦」の段階にある。市の全域に広がる市営住宅の内、2020年には1200世帯以上の住居が耐用年数の期限を迎えるほどと言うことからも、その膨大さは察せられよう。手当の基準は住居の傷み具合を超し、「住民の身に危険がおよぶかどうか」にあるという。これはもう管理放棄であり、空き家住宅の消滅を目指す、まさに「撤退戦」の実施に違いない(以下次回)。

 

(1)わが国と西欧諸国のそうした都市構造の違いは、まずもってその成立過程の相違に帰するようである。わが近代都市の原型は江戸時代の城下町であり、その在り様は西欧中世都市とは全く異なっていた。城下町は西欧とは反対に、城の外のしかも「最も生産性の高い農地」の直中で発展し、その意味で町は農業と共存していたのである。ここに、「西欧型の都市計画の手法であった「線引き」による都市と農業との裁断がむつかしい条件」があった。そして、こうしたわが国の「都市の歴史的性格は、明治以降の近代化に伴う都市空間の膨張の過程でも、つねに問題」となって付きまとうことになるのである。

問題はこれに留まらない。その後の急速な都市化は当然、それに付帯する道路・下水道・公園等のための土地やインフラ整備を不可欠とするが、それらに対する資金の不足と地下急上昇とが相まって、都市建設は地価の安価な調整区域へと追い込まれる結果となったのである(都市研究懇話会他編『都市の風景 日本とヨーロッパの緑農比較』23-4頁。三省堂、1987)。

2018年2月9,16日

2月9日・金曜日。晴れ。

2月16日・金曜日。晴れ。前回の補足として。

 

筆者の区画された都市という印象は、わが勝手な思い込みではない。たとえば中世都市の発祥は、こうである。農業生産力の発展を背景に、河川等の交通の適地に余剰生産物の交換の場・市場が立ち(パリやベルリンはいずれも川の中州から浮き上がった街である)、はじめ定期市であったものが恒常化され、自然界やら外敵の襲来から身を守るために住民みずから、周囲を石垣で囲んで城塞化(Burg)し、やがて都市へと発展する(これを城塞都市と言う。ドイツには、ハンブルク、フライブルクのようにブルク・Burgのつく都市が多いが、それはその名残である)。彼らは城壁内に住まう人であるからブルジョア、或いはブユルガーと呼ばれ、市民の原義となった。彼ら住民は農村から食料の供給をうけ、たいして農村からの産物を加工し、あるいは農器具を生産する他農民の生活必需品を供給し、こうして都市と農村は有機的に結ばれ合うことになる。このような両者の関係を経済学の中に見ようとすれば、フランソワ・ケネー(1694-1774)の『経済表』(1758)が最良であろう(1)。

ここでは、農業部門によって生産されたその年の生産物が、地主階級の手にする地代(貨幣)の支出を介して地主及び商工部門へと配分され、逆に商工部門の年生産物が同様にして地主と農業部門へと配分される。こうして農・商工部門の両者が必要とする原料・製品を相互に手にすることで次年度の生産の条件が整えられる。これを再生産構造と言うが、ケネーは社会経済体が年々維持される仕組みを簡単な線と数字によって鮮やかに示した。あの口の悪いマルクスがこれを激賞し、自身の再生論のアイデアとしたばかりか、その後の経済学にとっても大きな発想源となったのである。

さらに蛇足を付せば、元々外科医であった彼は、その学術的素養と経歴から肉体と同様、社会体にも血液循環(ハーベイ『血液循環の原理』・岩波文庫1936)に類する規則的な循環があるはずであり、貨幣こそ体内に酸素と栄養を行き渡らせる血液と同類の機能を見た。貨幣に媒介されて、生活必需品が社会の隅々にまで届けられるからである。それゆえに、貨幣は財貨の交換手段として重要不可欠である。しかし、貨幣は富そのものである、と彼は見ていない。この貨幣観は当時の金・地金=富とする重商主義の考え方に対する痛烈な批判であり、それはアダム・スミスの基本的な貨幣観ともなった。筆者がこんな事を言うのは、カネこそ全てとする現代の世界的な風潮(だから私もそれに多少なりとも染まっているのだが)に対する異論を提示したいからである。

そしてもう一つ。今につながる散髪屋の赤・青・白のサインポールはケネーの発案によるらしく、その意味はそれぞれ動脈・静脈・包帯を表し、ここは外科的治療の場所であると表示する看板であった。治療に当たり、体毛、頭髪を除去する必要があったはずであるが、時代と共にその作業が理髪業として特化していったのである。勿論、理髪業は洋の東西を問はずそれ以前からの職業であるは言うまでもないが、現代のそれが白衣を着用し、簡易な衛生対策を講ずるのは衛生法規上の規定と共に、そうした経緯も絡んでのことではないか(もう一点あげれば、彼はパノプチィコンと呼ばれる独特の刑務所施設の考案者としても知られる)。

脱線が過ぎた。元に戻ろう。ドイツ中世都市がドイツ史に果たした政治的、経済的意義やさらに文化史的功績は、たとえばフランクフルト・アン・マインに育ったゲーテを挙げるまでも無く、それとして語るに相応しい魅力に富んだ物語であり、またそこは最良の自律的な個人主義の揺籃の場として考えてみたいものがある。しかしそれはここでの場ではない。ただ、以上との関連で言うべきことは、ドイツとてもはや城壁で区画された都市なるものは在り様はずも無いにせよ、しかしそれでもあのフライブルクの市中心部はアルテ・シュタット(旧市街)として市電、バス他公共の車以外は原則乗り入れ禁止であり、市民生活の大事な憩いの場としてあるという一事である(本日はこれまで)。

 

(1)ケネーを挙げた序に、D,リカード(1772-1823)、フォン・チュ-ネン(1783-1850)についても触れておこう。前者は証券仲買人として財を成し、後にスミス『国富論』にふれて経済学に打ち込み、古典派経済学最大の理論家として名を残す。後者はゲッチンゲン大学中退後、農業経営者として科学的農法の開発と実践に取り組む傍ら、やがてイギリス古典派経済学の研究から独自の理論体系を打ち立てた。つまり、両者はいずれも経済学とは畑違いの学究であった。ケネーやスミス、或いは他の多くの人々もそうであったが、経済学とはそうした人たちが、眼前の経済問題の解決のために実践的に取り組み、そうした苦闘の中から学として生みだした学問であり、決して象牙の塔の内から誕生した学問ではない。

さて、リカード、チューネンがここで言及されるのは、地代の発生を「差額地代論」として捉え、それが都市と農村の関係を良く示しているからである。彼らは都市を中心に置き、周辺に農耕地が広がる、そんなモデルを考える(特にチューネンは明瞭である)。仮に土地の肥沃度が均一であったとしよう。その場合でも、都市から遠方にある土地の農産物(ここでは穀物)は、運搬費を考えれば、距離に応じて割高になる。その意味で、その土地は都市近郊地に比べて費用が掛かるゆえに、劣等地と言われる。

そして、都市の農産物価格は供給される最劣等地の生産費で決まるから、それ以外の優等地の農産物は、都市からの距離に応じてより低い費用で生産されるために、それだけ各農地の利潤分はそれに応じて増えるはずである。しかし、自由市場においては、資本利潤率は均一になるはずで、超過利潤は成立しない、とされる。その超過分は土地の地代分として地主の所得になるが、しかしその地代は農地の優等度に応じて異なるから、これを称して差額地代というのである。

少々、理屈ぽくなったが、以上からも当時の経済学者にとって、都市と農村とは相互的な関係であり、しかも農村に囲まれる都市像があったという点は、お読み頂けるであろう。

2018年2月6日

2月6日・火曜日。晴天なるも、寒気は厳しい。

私鉄沿線のこうした郊外都市のイメージは、私見ではそれに止まらない。試みに東海道新幹線を西に向かえば、累々としたコンクリートの建造物群が小田原くらいまで続く。タワーから見降ろす大東京圏の俯瞰図は何とも言いようのない、ただコンクリートをブチマケタとしか見えない奇観であり、それは確かに巨大ではあるが、とても大自然の景観にふれた荘厳さは微塵もない。そこにあるのは、小さきものが次々に繋がり、いつしか大集積となってしまった卑小さである。まさに野放図に広がったスプロール現象の極みを見るばかりである。

筆者はかつて、一年半ほど、ドイツの大学都市・フライブルクに家族共々生活したことがあった。それまで家族サービスなど目もくれなかったが、その間はさすがに、その周辺都市をアチコチ回ったものである。そこで気付かされることがあった。列車が停車駅に近づくにつれ、ポツポツ家が見え始め、教会の尖塔をはじめ都市を感じさせる建造物が迫ってくる。大都市であるほどその規模の壮大さが感じられる。駅を離れるにつれ、先とは逆回しとなった映像のように建築物は消え去り、何時しか列車は牧草地やら大森林を分け入り、あるいは渓谷を疾駆しているのである。つまりここでは、都市は区画され、周囲は手入れの届いた田園地帯、さらには手つかずの大自然が囲繞するという、そんな印象を抱かされるのである(本日はこれまで)。