2017年3月22日

3月22日・水曜日。晴天。昨日、靖国神社にて、気象庁職員による開花宣言あり。

前回、「まだ、言うべきことは尽きないが」とモッタイを付けながら、ソルジェニーツィン考を終了しようと思ったが(実はこの主題に飽きてきたせいもあった)、行方知れずの一貫性の欠如こそ、この『手紙』の唯一の取柄と思い直して、今月中はこの主題に関わる事にした。

そこで、「言うべき事」の一つは、収容所群島の呆れるほどの肥大化である。著者は「群島」を癌腫に例えて、ロシア全土に蔓延していくその繁殖の在り様とその原動力を抉り出した。その記述は執拗であり、容赦がない。収容所が建設されるや、周辺の生活、風俗、文化はたちまち破壊され、しかもそれは近隣都市から果てはモスクワにまで逆流し、要するにロシア全土に害悪が及ぶのである。収容所の常軌を逸した仕組みと生活がその原因である。

先ず、群島内の住民は政治犯と雑多な刑事犯からなり、後者は殺人、強姦、泥棒などあらゆる犯罪者たちである。処遇は彼らにはるかに寛大であり、所内の食事、衛生、清掃と言った楽な仕事に就き、酷寒の外の仕事に回されても班長、監督と言った役回りである。所内の生活で最も重要な食事と睡眠、その場所も格段の差があった。しかも彼らは団結し政治犯の私有物やカツカツの食事まで劫略する始末である。収容所の所長、監督者、護衛兵らは彼らの傍若ぶりを黙認、あるいはこれを積極的に政治犯の監督に利用した。彼らの刑期の短さについてはすでに見た。

つまりここでは、悪が善となり、価値基準の崩壊が生じ、ならず者の生活が王道となる。そんな彼らは刑期後、各収容所周辺に住み着き、彼らの生活ぶりが市域に浸潤し、やがてはロシア全土に拡散されるという訳である。それが及ぼす道徳的な退廃、破壊はどんなものであろう。

では、収容所の維持と拡大はどうであったか。スターリン時代にその隆盛を極めたが、おりしもその時期、ヨーロッパの政治状況は急を告げ、さらにヒトラーとの戦争に突入して以来、軍人たるもの、ヨーロッパ戦線への投入は不可避となった。しかし、収容所の建設、維持発展に従事する軍人たちはその運命から免れられる。何故なら、政治犯の放置と跋扈は、ソヴィエト連邦の崩壊を招来しかねないからだ。ならば、ヒトラーへの勝利が至上命令であると同様、収容所の維持・発展もまた欠くべからざる命題であるだろう。かくて、これに従事する将校・軍人、官僚、秘密警察といった膨大な量の人間どもが人知を凝らして収容所の必要性やらその成果を喧伝し、組織の充実、その拡大に邁進していくことになる。一つの組織が成立すると、組織の論理と利害に突き動かされ、その使命が尽きて、もはや存立の理由(raison d‘etre)が消滅しても、なお維持しようとする力が働く。このことが、第二次対戦以降まで「群島」が生き続けた理由である。わが国の「原発村」がこうした指弾を浴びるような存在でないことを、ただ願う。

これとの関連で第二に言っておきたい。収容所の当初の目的についてである。社会主義国では資本主義国とは異なり、非人間的な搾取、格差それに発する犯罪者はイナイ。こんな建て前がまことしやかに語られていたようである。このような言い草を、本書によって私は初めて知った。それゆえ、ここでの収容所は犯罪者を収監する監獄ではない。ここは「矯正労働収容所」であり、労働を通して社会主義国に相応しい市民に生まれ変わるための施設である。

では、その目的は果たされたのか。結論は、全くの否である。さきにふれた運河建設は機械力ほか全ての必要条件を欠いた、ただ人力による短期の突貫工事のため、水深は浅く、鋼鉄船は航行できず、その後完全に造り直されねばならぬ代物であった。他の作業についても同断である。駆り出された人々は監督者の居ないところではひたすらサボタージュし、重労働を押し付け、あるいは成果の捏造に走った。奴隷労働が非生産的であることは、ローマの時代から証明済みのことである。それかあらぬか、著者はしばしばロマノフ王朝時代の農奴と比較し、こちらの方がはるかに人道的であったとさえ言うのである。

そして、私にとって印象的であるのは、ドストエフスキーの『死の家の記録』(1862)との比較である。ここに描かれた世界は決して愉快なものではないが、ソルジェニーツィンに比すれば、はるかにユーモアに富み、ゆとりが在り、人間的である。ドストはベッドにあって、周囲の囚人たちの振る舞い、生活を隈なく観察し、それを卓抜な文章に留める自由があった。彼は囚人と共に散歩にも出かけることが出来た。また、ソルジェニーツィンは帝政期の政治犯に対する処遇について、レーニン、スターリンを挙げて言っている。彼らはかなり自由な生活と月々所定の年金を受けていた。レーニンはそれで生活し、必要な書物を買うことが出来たようである。ヴィンデルバンドは言っていた。人間の進歩は、技術上の蓄積できる分野では可能であっても、資質、能力といった領域では難しい。進歩は制度や規則の改革によってなされる。その規制力によって人々の振る舞いは正され、社会は進歩する、と。しかし、それはどうも怪しい。社会規範の改良なら、先に述べたように、スターリンは申し分が無かったはずだ。だが、彼の場合、完全に逆行していることは明らかだからである(以下、次回)。

2017年3月14日

3月14日・火曜日。雨、時々曇り。忙中閑の中、ようやく早稲田に出向く。

いずれにせよ、国家統治とは本来的に、酷薄にして峻烈なものである。それは洋の東西、時代を問わず、免れえない事実である。であれば、当時のソヴィエト政権の群島政策それ自体が異常であったわけではなかろう。人権思想の希薄な時代であってみれば、なおのことである。

それにも拘らず、そこには断じて看過されてはならない理不尽、残忍性、凶暴性があり、それらは今もって厳しく指弾されなければならない。ソルジェニーツィンの怒りもそこにあるように思う。まずは、当局による犯罪者の恣意的な特定とデタラメな刑期の決定である。その背後には、政敵に対するスターリンの執拗な復讐心や権力誇示があり、それに基づく当局のいい加減な法解釈と運用がある。次いで刑期についても、重大な刑事犯ですら4,5年で釈放されるのに対し、政治犯の場合には10年20年は普通であり、ようやく満期に達した政治犯の突然の刑期延長も珍しくなかった。しかも収容所内での処遇も歴然とした違いがあった。

ソヴィエト連邦は、いわゆる「スターリン憲法」(1936)の制定によって世界で最も民主的な憲法を持ちえたが、それによる政治がなされたことは、絶えてなかった。その状況は第二次大戦後からフルシチョフ時代を超えてなお変わらず、これを告発しつ続けるソルジェニーツィンは、1974年、遂に国外追放へと追い込まれた。だが、何故コンナ馬鹿馬鹿しい事態が生き続けたのか。彼によれば、スターリン時代以来の、教育の独占とプロパガンダの徹底、そしてその成功である。だから市民の誰もが、政治犯となった者たちにはきっとその理由があり、当然なのだ、と考えた。というのは、政府は間違いを犯さないからだ。では、理由も分からずに、突然拘束された彼本人の場合はどうか。その時、彼はこう思う。自分だけが何かの手違いでこうなったに過ぎない。だから、事情が分かれば直ちに釈放されるハズだ、と。

これは世論の不在のためである。これが著者の結論である。とすれば、政府を堂々と批判する自立した報道機関、自由な教育制度、自主的な思考と判断、そして政治結社の自由と行動、多党制の是認が要請される。ここまでたどれば、事はただソヴィエト連邦の問題に尽きる訳ではない、と知るであろう。世界情勢は限りなく、各国家が自らの権力強化に走り、国内の自由な思考、論議を抑制する方向に向かっているように見える昨今である。ソルジェニーツィンの告発は我々の問題でもあるのである。

まだ、言うべきことは尽きないが、ここでは次の一点のみを付して、この項を終えたい。社会主義を標榜する国家は、近代にあっても多々あった。そのいずれも、近代資本主義の生み出した格差、搾取等の問題に対峙し、人間性の回復と平等を理想とする国家建設を目指したが、結局、これとはまるで異なる無残な独裁に傾斜したのは何故か。カール・ポッパーはかつてこれを「全体論」(Holism)と呼んで厳しく批判した。社会・国家制度を一纏めにして、全体論的に一挙に解決出来るとする考え方は間違いである。そのためには、反対勢力を弾圧しうる巨大な権力装置と有無を言わせぬ執行力が求められようからである。そうではなく、社会に生ずる諸問題、除去すべき悪や矛盾を一つずつ漸次的に解決し、そのようにしてより良き社会の建設を目指すという考え方を提示した。そのプログラムを彼は、確か『歴史主義の貧困』(1936)で提起するが、私はこれを支持する。

2017年3月7日

3月7日・火曜日。曇り時に雨。この所、卒業式(付属3校の中学・高校及び大学)他種々の式典、来年度の大学予算、これに関わる会議等への出席により多忙を極む。過日は久方ぶりに、早朝(?)の通勤ラッシュを味わう。ただ、2,30年前に比すればそのムゴサは半減されたか。

だが、囚人たちを酷使し、何がしか社会的・国家的な目的に役立たせようとの発想や取り組みは、勿論、ソヴィエトの専売ではない。凶悪な犯罪者たちは、先ずは社会から隔離し、市民生活の擾乱を防ぎ、安全を守らなければならない。しかし他方でそれは、社会の石潰しを養うことである。そんなことが許されるわけはない。こうして、獄への収監と囚人の使役が結び付けられたのであろう。

わが国では、明治政府が北海道開拓を目指し、早くも明治14年、月形に樺戸集治監を建設し、ここを拠点に空知、釧路、網走、帯広へと拡大していった歴史がある。ただ丸木を打ち付けた牛馬の納屋にも等しい建物に囚人を押し込み、酷寒の地には耐えがたい衣食しか与えられず、やはり過酷な労働が課せられた。彼らは二人一組に縛られ、足には鉄球を括り付けられる。夏場には、蚋、アブ等の襲来の中、全くの人力によりながら、密集した原始林を開き、深い湿地帯の灌漑に明け暮れ、1キロ、2キロと道路を繋げていくのである。冬季の作業の悲惨さは言うまでもない。こうして、炭鉱が掘られ、鉄路が通った。その後の北海道の発展の基礎がこのようにして据えられたとすれば、一本の道路の下ですら、何層もの時間と人間の命が埋め込まれていることに気づかされよう。

ところで囚人たちの命は、惜しまれる理由はない。彼らは処罰されるべき対象であり、そうしてこそ犯罪は抑止され、社会秩序は守られるのである。同時に、その労働が監獄経営の諸経費をこえた富をもたらすならば、何よりの事に違いない。殊にここでの事業は、やがて心配されるロシアの南下に対する第一の備えも兼ねていたのである。政府としては、なすべき政策、対策をとったという以上の意味はなかったであろう。いわんやここに、生への憐憫、尊厳の意識などあろうはずもなかった。

しかし、囚人は意思も意欲もある、れっきとした人間である。このままこんな所で朽ち果ててたまるか。自由への渇望はやみがたく、だから脱獄に絡む刑吏、監獄当局との闘争は絶えなかった。そうした囚人たちの苦悩、悲しみに寄り添い、彼らに思いを寄せた典獄(所長)のいたことは、この物語の一つの救いであったろう。有馬四郎助である。原胤昭の薫陶を受けて、キリスト者となる彼は、後に「愛の典獄」と呼ばれるほどの人であった。これらについては、山田風太郎『地の果ての獄』(1977)が実に面白い。また吉村 昭『赤い人』(1977)では、囚人たちの生活、逃亡の闘争がリアルに描かれているように思う(本日はこれまで)。