2016年11年24日

11月24日・木曜日。雪のち霙。この初雪は記録的な早さとか?

ヴェーバーはこの伝統的支配とカリスマ的支配の人々の行動の違いを、昔から「—と言われている」に対して、「私は—と言う」というイエスの言葉を巧みに引きながら、鮮やかに示した。昔からこう言われ、そう決められてきたからそれに従うという姿勢は、先にも言ったが安定的な社会を造るが、同時にそこでは様々な矛盾、軋轢を胚胎させることになる。それは人間社会では免れえないことである。そうした社会の沈滞、堕落を一挙に解体、清算するのが、「俺は—と言う。こうする」と言って、それを実践するカリスマの出現である。

旧約聖書に現れる数々の予言者たちは、常人からは狂人としか思えぬ出立と言葉をもって安逸にふけるユダヤの民を叱咤し、悔い改めを迫った。同じことはペテロ(巌の意味)のうえに築かれたカソリック教会の安定とそれゆえの腐敗がルッター、カルヴァンを生んで、革新がはかられた。西欧史のダイナミズムを、ヴェーバーはこのようにカリスマ的支配と伝統的支配の対立、相克の歴史として捉えたとも言われるのである。こうした図式は社会や歴史の流れを見るのに、なかなか便利で、ナポレオンやヒトラーの出現、またこの度のトランプの選出も、この枠組みからみられなくもない。ただ、注意して貰いたいのは、これで全て歴史が分かったなどと思わないでほしい。これでは、歴史や社会は偉大なカリスマの所産ということになりかねず、歴史は傑出した人物伝で事足りるであろう。だが、そうはいかない。一人の人間のやれることなどたかが知れたものだからだ。

では、3の依法的(合法的)支配はどうか。まず依法的の言葉だが、これは広辞苑、日本国語大辞典に収載されていない。にも拘らず私がこの用語にこだわるのは、この語が訳語として取られているという事実と、確かにこれはヴェーバーの真意を言い当てているように思うからである。

これは、法として認められた規則に対する信頼、それへの依拠(だから依法的とも言う)を基礎に、支配、服従の関係が成立する支配のありかたである。ここには述べなければならない、しかし私の能力に余る法の発生や成立過程、それにまつわる法の表現形態、つまり成文法(大陸法)、不文法(英米法)の相違やら難しい問題がいくらでもある(実は、ヴェーバーは法学出身の学者であり法制史、法社会学の専門家でもあったから、そんな分野にも精通していたのである)。が、それらはゼーンブ無いことにして、ごく乱暴に言えば、人の行動は法に依拠して処理されるということである。

政治家や役人による行政上の権力行使は、法に定められた手続き、範囲内であれば違法ではない。適法であり、それゆえ処罰の対象にもならない。だから、前都知事、舛添要一氏が、政治資金の使用について違法性は無いと、しきりに強弁したのである。元東大法学部助教授の彼としては、その使用方について、法的に問題がなかったばかりか、前任者、石原氏に比べても問題にならない、つまり慣習的に言って、適法であると確信したに違いない。しかし、氏の場合、法以前の習俗や人倫、道徳に反するものとして、社会の指弾を浴び、都知事の職をはぎ取られたのである。そして、事の適法性の判断は、司法の決裁による。また、現存の法では対応できない事案が頻発し、政治問題化したときには新法が求められるが、それは立法府の任務となる。これが、三権分立の教科書的説明である(まだ少々説明を要するが、今日はこれまで)。

2016年11年14日

11月14日・月曜日。曇り。本日、鳥取市から帰来し、早稲田に。

2の伝統的支配とは、古来から引き続き存在するもの、事柄を大事にしたいとの思い、そうした尊崇の心、信念、心情に基づいて成立する支配関係である。例えば支配者の家系が古えに繋がり、それは先祖代々のことであり、それゆえ彼の命令は尊く、それには服するべきである、と被治者がみなし、これを受容するような関係がそうである。こう見れば、2は、ただ歴史や伝統が大事な歴史オタクや復古主義者のことかと誤解されかねないが、実はそうではない。ここでの問題は、被治者が統治者の支配・命令をいかなる意味で是認し、それを正当化しているかという支配の構造だからである。

上では、昔から「在る」もの、事への被治者の尊崇の思いと言った。それは「伝統主義的」、と呼ばれる人々の行動様式であり、伝統的支配はこの行動様式を基礎に成り立つ。そしてそれは、単に政治の領域に留まらず、気づけば、現代の我々がとる行動様式そのものでもありうる。例えば、こうだ。最早、その由来、縁起は不明となってしまったが、しかしただそれが「在る」というだけで尊重される儀式、それまでの規則や慣習がその意味を問われる事なく惰性として適用されたり、前例踏襲主義的な組織運営や対応などである。

こうした心術(心組み、心の持ち方、と言ったほどの意味)は組織、機構、体制の安定化に役立つばかりか、重要な要素であろうが、これに無反省に寄りかかれば、大勢順応主義に陥り、福沢が「封建は親の仇にござる」と呪詛したように、既得権益の擁護に堕するであろう。なお、カリスマ的支配から伝統的支配への移行、転移の問題も挙げれば興味深いが、ただでさえ混乱してきたわが叙述が、益々怪しげになるので、割愛しよう(旅の疲れか、頭がボーっとしている。と、尤もらしい理由をつけて、今日はこれまで)。

2016年11年4日

11月4日・金曜日。快晴。

こんな風に、ホッブスを解釈し、ヴェーバーと結びつけることが出来るのか、またこれを保障する先行研究、論文のありやナシやについては、私は何も知らない。こんな無責任が許されるのも、「手紙」ゆえの気軽さである。だから、以上は、わが妄想・妄言でしかないかも知れないと思う反面、もしかしたら画期的なホッブス論である可能性がまるで無いとも限るまい。とすれば、読者はいち早くそうした卓見に触れえた喜びにタップリと浸るがよろしい。と、厳かに申し上げておく。

では、ヴェーバーの支配の正当性とは何か。彼はこれを三つの類型に分けて説明する。思うに、彼は事柄を類型化して考えるのが好き、というか得意であった。これによって、入り組んだ複雑な社会・歴史事象が整理されると共にその特徴が浮き彫りになって、そこからその事象の因果的な理解、解明が進むのである。だが、この事情を理解するには、かれの著書を一二お読み頂くほかは無く、多忙な読者には無理な要望ゆえ、この話はこれまでとする。

さて、先の三つとは、1、カリスマ的支配、2、伝統的支配、3、依法的(合法的)支配である。何やら馴染みのない言葉で申し訳ないが、以下簡単に説明しよう。1のカリスマとは、かつて「カリスマ美容師」なる言葉を聞いて驚かされたが、そこには満更間違ってもいない意味が込められていた。つまり、並の美容師には及びもつかない技の所有者と言うほどのことか。もと、「神の恩寵」に由来し、特に旧約の予言者たちに授けられた予言的超能力をさし、そこからさらに奇跡や常人をはるかにこえた能力を発揮する人々を意味するにいたる。ヴェーバーはこの言葉を宗教的指導者から政治的分野に拡大援用した。そして、この支配の眼目、中心点は、彼とその従者たちとの関係が指導者のそれまでの成果の偉大さに心服し、ただその命ずるままに従う関係にある、ということだ。そこでは、理屈や説明は必要ない。イエスと十二使徒はそんな関係にあったろう。

それゆえ、カリスマ的支配が成立するのは、その能力が持続される限りでしかない。神からの恩寵というその能力の特殊性から、相続など問題にもならない。またそこでは、基本的に規則や組織に類するものも必要ない。ただ、師に対する圧倒的な心服、帰依によって事が運ばれる。それゆえそれは、最強ではあるが永続性を欠いた、その限り脆弱な関係である(今日はここまで。以下次回)。