2016年10年28日

10月28日・金曜日。雨。

他者を自分の意志のもとに置く、すなわち「支配」するとは、どんな人間関係を言うのであろう。こんな難しい問題に私が答えられるわけもないが、ほんの参考までに言ってみよう。一つは愛(アガペー)であり、いま一つは暴力である。ここでは、前者は棚上げにし、後者の問題のみを考えたい。

東洋思想は知らず、西洋でこの事を根源的に考えたのは、ホッブスではなかったか。彼はピューリタン革命(1642-60)の動乱の時代に思索した政治思想家だけに、暴力のさ中にある人間の性を知りぬいていた。ヒトは生きんがために、非道も人道もない、なしうる全てのことを為すのだ。それを当然のことと見做して、愧じ入る必要もない。諸々の規範が消滅して、原初の自然状態に返って仕舞えば、人間とは、結局、そういう存在だと、彼はみたのであろう。ここで支配するのは、相手より強いか弱いか、つまり暴力の原理である。

しかし、人間が相互に争うとは、どういう事か。彼ら両者の力がほぼ均衡しているという意味である。考えてもみよ。自分と相手の腕力が一対千ほどの差異があって、なお相手の理不尽に怒り心頭、飛び掛かる人間はそうそういるものではない。そういう人の事を、世間知に長けた大人は「バカ」と呼ぶのである。「尊王攘夷」に駆られた長州藩が馬関戦争(1864)を仕出かし、英米仏蘭から手ひどい懲罰を受け、一転、開国に転じた例を思え。この伝で言えば、先の日米開戦は何であったのか、呆然とするばかりである。

ホッブスによれば、人間の能力は均等である。そこに差異が生ずるのは、彼の付く職業によってである。こうした彼の人間観はアダム・スミスに受け継がれた。ともあれ、彼がそう考えたとすれば、彼の社会から闘争が止むことはない。これでは、ヒトは生きていくことは出来ない。生きんがために、彼の為しうる一切を為すという、彼の権利・権能の行使の結果が、自らの生命を失うという、何たる皮肉。ここに想到することで、人々は己の権利・権能を放棄し、これらを彼らの選ぶ人間に信託するが、それは彼が社会の平安と人々の生命・財産の保全を保証するからである。支配者と被支配者の存する社会の成立を、ホッブスは概ねこんな風に説明するのである。

その後の社会契約説の基礎ともなった彼の理論は、批判されるべき点は、もちろん多いが、現在社会の問題を考えるに際し、非常に有益だと私は思う。ここでは、君主の王権は神から直接彼に授けられた、故に人は彼の支配に服すべし、とする王権神授説にたいし、ホッブスは神を持ち出さずに、人間の理性に基づき、人民相互の納得尽で支配・被支配の社会関係、その体制が成立したことを論証した点で、彼は近代政治理論の嚆矢であった点を評価したい(シュンペーターがそう言ったと思う)。

ズーターから随分離れてしまった。だが、そうでもない(乞う、次回)。

2016年10年24日

10月24日・月曜日。久方ぶりの快晴。

前回の話に一二付言したい事を思い出した。それは、私の勝手な推論であり、ツヴァイクがそう書いている訳ではないが、そう考えればやはり怖い話と思うからだ。

さて、今やズーターの部下達の誰もが自分の仕事、義務を放り出し、勝手に金の採掘に没頭し始めた。彼らは別段、ズーターに反感、恨みがあった訳ではない。むしろ、恩義すら感じていたかも知れない。ただ、自分も金を掘れば、イッパシノ金持ちになれると思った、それだけのことからである。そうして、最早、ズーターの言うことは、耳に入らなくなった。こうして、昨日まであった指揮命令系統は跡形もなく消え去った。何の争いもなく、霜が朝日に解けるように至極当然、自然に生じたかのようであった。

ズーターは驚いたことだろう。昨日まであれほど忠実であり、親身であった部下たちが、昨日と同じ姿と顔付きをしながら、しかし今日は彼に対して、まるで他人を見るような目つきで、相手にもならずに土を掘り続けているからだ。何か震災や戦争のような境遇の激変によって、事態は変わった。そうした挙句の混乱と人々の変容であれば、彼もそれを覚悟し、受け入れることも出来たであろう。そうした事は何も無く、ここを掘れば金が手に入る、ただその事実を知っただけの事で、しかもその土地は彼らのものでも無いにも拘らず、事態は一挙に暗転したという事実である。

これを、一体何に例えたら良いだろうか。通貨(紙幣)、これか。昨日まで、誰もが何でも手に入れることの出来たカネが、今日は通用しないとなったらどうだろう。特に紙幣であれば、それは単なる一片の紙屑に過ぎないという話である。爪に火を灯す、という言葉があるが、そんなにまでして貯めたカネが、一夜にして単なる紙に化すとは。そんな事態に逢着したとき、ヒトは一体ドンナ顔をするのだろう。

ともあれ、ズーターの最初の思いは、恐怖というより、何か不思議な感覚ではなかったか。それから得体の知れない不気味さと恐怖に包まれたのではないか。それにしても、恐ろしきは、人の心の捉え難さであり、儚さである。それにも拘わらず、人が人に事を命じ、それが間違いなく執行される、とは如何なる仕組みに拠るものなのであろう(今日はここまで)(前回の文章大分訂正した)。

2016年10月17日

10月17日・月曜日。雨のち曇り。鶴巻公園の高木数種わずかに色づく。

ツヴァイクに「怖いといえばこわい小説」がある、と始めたこの話の怖さは、前回末尾で少々触れた。だが、ここに潜む怖さはそれで尽くされてはいない。その第一は、先にも言ったが、ただ怒りに駆られた人々が、群衆となって自分を目がけて突進してくるさまである。これは、是非善悪を超えて、この世の終わりを感じさせるような恐怖であるに違いない。こうした暴動は、先ずは対象者に対する憎しみに発するが、しかし暴徒の心はそれに留まらない。彼がこれまでの人生で味わった、大小無数の理不尽な辛さ、悲しみの発露でもあろう。そうしたものの恨みツラミをすべてぶちまける場でもある。であれば、ここでの暴虐は限度を超え、その犠牲者はそうした恨みの一切をその身に負わせられるのではないか。

統治者は、昔からそうした暴動の凶暴さ、怖さをよく知っていた。たとえば歴代のローマ皇帝は徹底した奴隷の管理に加えて、市民たちにはローマ市内の食糧保全と娯楽施設の完備に心を砕いたという。それがあの壮大な競技場の建設や大浴場の整備になったのである。ヨーロッパへの梅毒の伝播は、コロンブスの船員が西インド諸島からスピロヘーターを齎したことによるとの話だが、実は大浴場近辺の遺跡から、梅毒患者と思しき人骨が多数発掘されているようである(立川昭二『病気の社会史――文明に探る病因』NHKブックス)。とすればかの船員はエライ不名誉を負わされたわけだが、これが事実であれば、大浴場の実態がいかなるものか分かろう。それだから、この大浴場はやがて廃止されることにもなったのだが、これによっても、為政者たちがいかに市民の不満の鬱屈を防ぎ、彼らの気晴らしに奉仕したかは明らかだ。映画『ベン・ハー』に見る迫力ある戦車競走、奴隷同士の死闘、キリスト教徒の火刑やライオンの餌食の見世物は、そうした娯楽の犠牲であった。人間とはげに恐ろしき生き物ではないか(シェンキヴィッチ『クヲヴァディス』参照)。

被治者に対する統治者の恐怖感は戦争や占領の際に特に強まる。国民への監視や、占領民への弾圧は恐怖の裏返しであろう。住民の被差別者への徹底した差別と抑圧もそうである(塩見鮮一郎『被差別文学傑作集』・河出書房文庫)。普段、抑圧しているという負い目が恐怖感となって、事が起こった時には彼らの復讐を恐れて、その前に虐殺に走る。関東大震災の朝鮮人や戦前の占領地域の場合はその一例に過ぎない。そうなれば、潮目の変わった時点の逆襲はタダでは済まない。アメリカ兵の日本上陸の恐怖は並ではなかった。日本男子は全て去勢され、女子は娼婦とされる。この恐怖から彼女たちは自死へと追い込まれたのであった。それは日本人の戦中に仕出かしたことの裏返しである。

北朝鮮の政府が言われているとおりの状況であれば、それは統治力の不安、恐怖感の結果であろう。だが、国民を徹底して抑圧する政治からは、決して未来が開かれることはない。

私はまたもや、枝道に紛れ込んだ。ツヴァイクの話の私にとっての恐怖は別にある。それを言いたかったのだ。秩序や正義というものも、大混乱の無法状況においては、国家やそれに代わる権力機構を以てしても維持できない、という事である。その場合は、詰まるところ、身を守るのは自分の腕力であり、暴力装置でしかないという、身も蓋もない話になる。これは、既にホッブスが『リヴァイアサン』で言っていたことに尽きる。自然状態にあって、人は全ての事をなす権能がある。略奪であれ、人殺しであれ、自らの生命を維持するためには、それらは許される。そこでは、「弱肉強食」の掟が支配する。それでは人は生きてはいけず、これを避けるために、人々はより集い、国家に類する装置を作ろうとするのである。しかし時にはそれすら、無効であることがあり得るのである。ツヴァイクはその事を提示した。そして、現代社会はそれほどアカラサマデ、これほど過酷な姿ではないけれど、弱者と強者に区画され、後者が前者を利用し、食い尽くす獰猛な様相を世界レベルで見せ始めてきたように見える。その時、強者は弱者を虐げ、それ故に弱者を恐れ、弱者はまた強者に踏みにじられつつ、復讐の牙を研ぎ、こうして「先のものが後になり、後のものが先になる」という聖句が、聖書とは逆の意味で成就するかもしれない。その社会はもはや人の世ではなく、悪鬼と悪鬼の凄絶な闘争の場と帰し、なにか得体のしれないものとなろう。現下の、中近東の闘争、アフリカの混乱、日本近海の紛争がその序曲で無ければ幸いだ(この話これまでとする)。