2016年3月25日

3月25日・金曜日。晴れ。わが寓居際の公園も開花す。東京に遅れること4日。

この次第を理解するには、書展に足を運び、書を直接に鑑賞するに如くはない。こんな駄文によっては到底解き明かし得ないからである。だが、挑戦してみよう。会の扱う文字が甲骨文、金文であることは前記の通りである。この文字は図像に近く、現代から見れば、象形文字に転生する直前に切り取られた文字のようにみえる。例えば「明」は、私は誤解していたのだが、日(太陽)と月の合成なんぞではなく、窓から月を見ている図像であり、だからその明かりは月明かりのようである。そして、この文字はもともと、月が左に書かれ、窓である日が右に置かれていたものが、いつしか位置関係が変わって現在の文字になったらしい。

会員はこれ等の経過、その転生の次第を白川 静などの研究書を通じて学び取り、文字の真の意味を理解し、同時にそこに潜む古代人の心に一歩でも近づこうとされるのでもあろう。上記のように解された「明」は、天空に浮かんだ月(三日月か)を右下に描かれた家の窓から眺めた図として浮き上がるが、それは我々にとっても何ら違和感はあるまい。この月に何を見、何を祈るか、となれば、『竹取り物語』を上げるまでも無く様々な物語が湧出してこよう。

夫々の作品では鳳凰が舞い、龍が踊り、虎が吼える。あるいは虹は、二匹の龍が左右に分かれ、その尾を天空で絡ませながら湖水の水を飲み干そうという壮大な絵巻である。この作品には、『出虹有り』との題が付された。本作の元になった甲骨文「有出虹」の卜辞には、「・・・東方より黒雲が現れまた北方より虹が現れた。今後祟り」ありとの託宣であった由である。だが、この虹はノアの大洪水後、今後は二度とこのような洪水により人を滅ぼす事はない、と神が人と交わした契約の印とした虹となんと異なるものであろう。

もとより各作品の書、あるいは文は、先に亀甲文字の再現でないと言ったように、それをベースにある場合には文字が大胆にデフォルムされ、強調されて、書と言うよりも図像化され、絵画的になる。擦れた墨線がダイナミズムを帯び、飛び散った墨痕がキラメキ、余白に色彩が漲るのもそのためであろう。余談ながら、私はこの度初めて、余白の豊かさに触れたような気がする。

以上は年に一度、ほんの束の間、ソンナ素養も無い一素人が書展を覗いただけの印象記に過ぎない。よって、見当はずれの変な誤解を振りまき、当会にとって迷惑になっては相済まないが、ともあれ私なりに楽しんだ事だけは、ここに述べておきたい。そして、私がそんな楽しみと充実を味わえたのは、会の重鎮、吉原一清氏が一時間以上に渡り、各作品の懇切な解説をしてくださったお陰である。私以上のご年配であるに関わらず、会館の一階から三階まで実に軽やかに身を運ばれ、終始温和で滋味ある話をされた。それは、主宰・光峰氏への深い敬慕と会での創作を無上の喜びとする方から溢れ出た、そのような話であった。私はここに、退職後、天から与えられた人生の余白の輝きと充実を見る思いがした。

2016年3月17日

3月17日・木曜日。快晴。

書とは、大小はともあれ、白紙に一本の墨線を引く事から始まる。そこに臨む書家の心境、決意を忖度することは、やり直しを許さぬ世界だけに、はなはだ興味深いものがある。

ことに大作の場合、筆はもはや腕を離れ、まさに身体と一体となって、息をつめ、目指すイメイジを求めて、寸分の狂いも無く一気に運ばれなければならないだけに、そこには、逃れられない跳躍への決断と一つの格闘のドラマが演じられているに違いないからだ。

しかし書は、身体技やその能力・美を競うスポーツではない。それまでの経験と培った技両を駆使し、書によってでしか表象しえない美を造出しようとする営みだと思う。もっとも、その「美」をドウ捉え、どのように意味づけするかは、書家の、いや芸術の世界の住人たちが等しく直面する問題であろう。そして、その深浅に応じて、そこから生み出される作品の深みと訴求力は、自ずから異なるはずである。

亀甲会の理念は、断じて古代人の刻んだ甲骨文や金文の採掘、再現ではない。だから、これ等の文字がどれほど見事に模倣され、字面よく描かれようと、それだけでは作品としての価値はない。そうではなく、太古、人々が亀甲や鉄器に記して、神々の声を聴こうとする祈りの心を捉え、それを通じて作者の内面を鍛え上げ、現代社会に新たな精神の息吹、その美を送り届けようとする、そうした精神性が求められているようにみえる。

ここで、一つ立ち止まって考えてみよう。古代人が文字を通じて神意を聴こうとするその祈りの意味と深さとは、どのようなものであろうか。彼らを取り巻く自然の酷薄さと獰猛さ、そこから身を守るにはあまりに乏しい技術や調度の類。考古学が教える知見によれば、金文が史料的に多数発掘される殷代(紀元前12世紀頃)には漸く王朝が成立したが、青銅器が主流であり、いまだ本格的な鉄器時代(紀元前750年頃と言う)には程遠い時代である。であれば、人々は不安定な政治もさることながら、それ以上に分けもなく突然襲来する、容赦の無い天候不順や天変地異、その結果の農業の破壊、疫病の蔓延等をどれほど恐れたことであろう。きのうまで人間を慈しんできた自然が、今日は憤怒の形相をもって怒り狂えば、ここに神意を見、これを傾聴したいとの思い、祈りは実に深刻であったに違いない。これは神話的世界の人々に共通の心性である。

そうした祈りの意味を今に蘇らせ、我ら人間をはるかに超え出た何か大いなる力の存在に気づかせようとする、亀甲会の理念とその活動に私は共感する。と言うのも、このような祈りは、現代でも無縁ではあるまい。五年前の大災害は言うに及ばず、世界を席捲する気候変動の脅威、グローバルな経済活動の破壊は留まるところを知らない。人間は、今、自然に対して暴虐の限りを尽くし、やがてその復讐を受けるのではないかと恐れるからである。

私は当会の活動理念をそのようなものとして理解するが、そこから生み出される作品世界は独特の意味と色調を帯びる。白紙に書かれた文字(これを私はモンジと発したい)は、それは紛れもなく書であり、同時に画である。だからそれは描かれるのである。そして、それが描かれたその瞬間から、用紙全体が作品として躍動し始める。墨線は踊り、余白には風や色彩が満ち、あるいは音がざわめき始めるのである。しかし、ハタと見据えれば、墨書はただ用紙に書き付けられて、静止したままなのである。

どういう事か(以下次回)。

2016年3月11日

3月11日・金曜日。雨模様の曇天。

今日は、ラシクナイ話をしよう。いや、小さな声でつぶやこう。周りに聞かれると、嗤われそうだからだ。題して、芸術(?)。これほどわが身にとって縁遠い話題もそうはない。クラッシク音楽の聴力はまるで無く、絵画は対象がソックリ写し取られていれば、手も無く感心する手合いであるからだ。にも拘らず、蛮勇を奮わなければならぬ理由があるのだ。

この月曜日、知人から招待状を頂戴して、亀甲会の書展のため上野の森美術館に行ってきた。一年ぶりの事である。本会については、昨年の今頃ここでも簡単に紹介し(もっとも、そんな事を覚えている御仁は皆無であるは承知の上だが)、また当会のホームペイジがある様だし、昨年、朝日新聞で京都の展覧会が報道されもしたから、ここではその説明は割愛しよう。ついでに「蛮勇の理由」をいえば、今年の賀状にまた我が「手紙」に書くように、との依頼(?)があり、昨年の文章が会の面々に中々好評であったと聞くに及び、小生、滅多に褒められたことが無く、この手のオダテニ滅法弱いものだから、あえて駄文を草する次第となった(この後、会合のため本日はコレマデ)。