2015年4月24日

4月24日・金曜日。はや穀雨。汗ばむ。

かくて漸く御著の骨格、土台を据える所にまいりました。しかしこんな周辺的なことをグズグズ述べ立てていては、肝心の御著に対するわが印象記には行き着けません。乱暴に、一気に結論に参りましょう。本書の主題は、何と言っても、そのタイトルが示すとうり「戦間期」の欧州で台頭した社会経済の国家的改革の潮流、分けてもナチズムの運動とその理論的支柱となった経済思想体系の抽出、ついでそれらが天皇制を基盤としたわが国に移入されるに際しての、知的エリートたちの衝撃および吸収・反発の過程を点検し、そこから湧き上がるわが経済思想、社会改良政策の数々が論ぜられます。しかし、ここで重要な点は、ナチズムの理論を学ぶ学者、改革官僚たちがそこから「総力戦」の政策を編み出そうとする苦闘の過程(それも一つの論点であるにしても)ではなく、むしろそれを契機として、かかる一連の運動を包括する時代的潮流の中で、あるいはその圧力をうけて、欧州やわが国でいかなる経済理論、思想が生み出されてきたかを捉える点にあると言えましょうか。この意味で、本書は往時の経済思想の形成史を把捉したと申せましょう。

それは同時に「戦間期」の評価に繋がる問題でもあります。第二次大戦はそれ以前と現在に挟まる「断絶の時代」であるのか、「連続の時代」であったのか。これについての評価、解釈次第では、第二次大戦に向き合う我々の姿勢は全く異なります。当時から今に引きずる問題をどう解決すべきか、との問いの前に引きずり出されるからです。もし連続説に立たざるをえなければ、我々は深く考えなければなりません。吾らを戦争に駆り立てたあの狂気は、機会と状況が揃えば、またもや発揮されるかもしれないからです。時代は、なにかそんな危うさを孕んでいると感ずるのは、私だけではありますまい。

英書で出版された本書の意義は、改めて申し上げるまでもありません。それでも私は、ここで蛇足を付すことに躊躇しません。当該問題にたいし、本書はそれほどの学問的な功績を果たされたからです。その第一は、戦間期における日独経済思想の生成過程がそれぞれ綿密に辿られながら、しかもそれが本書の目的ですが、ドイツからのわが国への影響が比較経済思想史として明らかにされたところでしょう。両国の当時の思想史研究は、それぞれ別個なものとしてなされ得ても、この両者を突き合わせてわが国へのその受容過程を内在的に考究することは、恐らく外国人にとっては至難の業であるばかりか、日本人研究者にとっても並大抵のことではあるまいと存じます。先にわたしが「気の遠くなる研究」と申し上げたのは、そういう意味でした。

内在的な比較研究の効力、有効性は本書の随所において認められます。一点だけあげれば、風早八十二の独日社会経済体制の比較論は、ドイツに比したわが国の生産力の劣勢、社会体制の遅れ、そこに住する国民意識の未成熟、それゆえ諸改革は政府主導の「上からの」ものにならざるを得ず、要するに近代化の遅れを白日の下に曝しました(p.229.)。この認識は彼のみならず、我妻他に通ずるものでした。であれば政府中枢は、例えば生産力の劣勢を労働条件の改善、教育に求めず、一気に天皇への忠誠といった精神論に解消する他なかった次第が明らかにされたのでした。

そろそろ結びといたしましょう。本書は先にも申し上げたとうり、現代史の解釈とそれに伴う我々自身のたち位置を決定するためにも、重要な基盤を提示したと言う意味で逸することの出来ない研究成果を上げられ、しかもこれを英語で世界に発信されました。私は常々思うことがございます。「知」の貿易収支という点では、特に社会科学の分野においては、わが国は圧倒的な赤字を抱える途上国にある、と。しかしその潮目も、最近漸く反転の兆しが見られるようになってまいりましたが、本書はまさしくその隊列に加わるべき第一級の資格を有する一書として世界に送り出されました。私はこれを慶事として、心より快哉を叫びたいと存じます。

ただ長いだけの雑文となったようです。これにて筆を擱きたいと存じます。いずれお会いできるときを楽しみに、どうぞお元気でお過ごしください。

 

 追伸。一点、気になっている事につき、お尋ねします。Vergeisternの日本読みについてです。ふつうこの言葉は「精神化」と訳されるようですが、私には、どうもシックリしません(ちなみに、御著p.76ではこの語は、Despiritualizingと英訳されており、これは精神的なものを奪う、という意味になりそうです)。ヘーゲルの精神を持ち出すのは大袈裟にしても、肉体に対して精神といえば、より高尚な意味を帯び、低次元の様々な欲求を制圧し、理想とする何物かを成し遂げる原動力のようなものを想起させます。あの人は意志が強く、精神が立派だ、というわけです。しかしゾンバルトのこの語を、そんな風に読むとまるで意味が通じなくなります。御著でも指摘されておりましたが、彼の資本主義の精神はヴェーバーとはだいぶ異なり、利潤追求に対して企業家は、一方で賭博的、冒険主義的でありながら、他方でその実現性を冷静に計算し、ハヤル心を抑制しうる精神力と合理性を兼ね備え、この両者の緊張を含んだ精神だ、と解されます。いわばここには、企業家の人間としての体温や血液を感じさせるものがございます。しかし、資本主義も盛期になると、かような冒険主義は否定され、経営の組織化、官僚化のもと、その意思決定はひたすら合理主義的になされる。ゾンバルトはそうした経営のあり方を、企業経営権を一手に握った経営陣とそのスタッフの指揮命令系統に属するものとみなし、これをVergaisternと呼んだ、と私は理解しました。とすれば、これは組織体の頭脳集団が他の身体部分を自由に駆使することですから(余談ですが、これはまさしく後のナチの指導者原理の先駆でした)、たしかに「精神化」には違いありませんが、いかにも分かりにくい。と言って、私に適訳があるわけでもありません。「指揮系統の肥大化」とも考えましたが、これもどうかと思います。

ミスプリ、一つ発見しました。ご参考までに。p.87. Hon’den’s は、Hon’iden’sと思います。

2015年4月16日

4月16日・木曜日。うす曇、陽ざし強く、汗ばむ。

では、往時の先進資本主義は、実際、どう特徴付けられるのでしょう。御著では、生産と労働の科学的管理を提唱したテーラーシステム、その実践版とも目されるフォードシステムが言及されます。ただ、その実現には莫大な資金需要とそれを満たす金融制度、株式市場の整備、発展が不可欠です。起業家が生産、資本調達、経営管理を一手に引き受ける、いわゆる産業の将帥たちが活躍する時代は疾うの昔となりました。今や所有(資本)と経営の分離の時代です。これは一人格に統合されていた機能の分化であり、さながらそれは原蓄過程で独立生産者層の資本家階級と労働者階級への二極分解を想起させます。

いずれにせよ、ここに両者の利害の対立が生じます。前者は投資に対する最大限の利益配分(配当分)を求め、後者は利潤追求もさることながら、企業自体の存立、その発展をこそ第一義といたします。その傾向は第一次大戦前後となれば、国内外の競争激化により、一層顕著となりましょう。経営規模は拡大し、企業内の制度化、官僚化はさらに進行して、経営者といえども勝手に恣意にまかせた決定、投資は難しくなりました。企業家の冒険心は殺がれざるをえません。そうした企業の変成の次第が「自動経済(autonomeWirtschaft)」(ラーテナウ)、経営の「精神化(Vergaistung)」(ゾンバルト)として描かれております。対して、経営から分離された株主たちの関心は、配当の極大化ですが、株主総会の権限がやがて少数の大株主(機関投資家)に握られ、大衆株主は権限の外に置き去りにされると共に、所有と経営の権力関係は後者にシフトしていく。その傾向は戦間期にいたって、特にドイツにおいては政治の介入のもとさらに強化されました。ナチの権力奪取(1933年)以降は、その独特の指導者原理と相まって、これが強力に推進されたからです。そこでは、社会的、国家的な利益の前に、私利の追求は抑制されるべきことが、声高く宣せらたのであります。

ともあれ、このような形でマーシャルの騎士道精神、ケインズの自由主義の終焉が実現されると言うのは、後の時代から見れば、なにか皮肉めいてみえるのは、私の誤解でしょうか。そして、ナチスの国家体制、ここではその経済政策およびその基礎たる経済思想は往時のわが国の政府、軍部、高官、学者達にいかなる影響を及ぼし、それらがその後のわが国の戦時経済政策、社会体制さらには戦後のそれにどう引き継がれたかと言う射程から、比較経済思想史なる手法を持って論ぜられてまいります。かかる問題視覚そのものが壮大であるばかりでなく、その検討作業は考えるだけでも気の遠くなるおもいがいたします(以下次回)。

2015年4月9日

4月9日・木曜日・晴。但し、昨日の雪の名残か風寒し。

ここに、新たな経済思想――つまり単なる理論の枠を超えた、社会経済の在り様をその歴史的な意味と展開までをも視野に納めた思想体系――の構築が待望される時代になったのでしょう。マルクス経済学はその筆頭に位置するはいうまでもありません。が、私はここにJ.S.ミルをその一人に加えたいと思います。御案内のごとく、彼はサン・シモン、フーリエらフランス社会主義思想の洗礼をうけ、またコントを介して社会動態的な視点を持つという点で古典学派の枠を超え出た経済学者でありました。のみならず、定常的経済状態をリカードに反して積極的に評価し、経済発展よりも文化的生活の重要性を、自然環境の維持と共にほぼ初めて主張した思想家として、新たな社会観の構築に彼なりの貢献を、さらにそこに彼の現代的な意味合いを認めざるを得ないと思われるからです。その線上にマーシャルが浮上します。彼は古典学派の伝統を受け継ぎながら、近代経済学の創立者の一人であったことは申すまでもありませんが、その彼は直面する新社会の矛盾にたいし、マルクスとは別種の解決策を模索しようといたします。すなわち、資本主義体制を革命的にではなく、その温存を図りつつ、そこでの矛盾の除去をめざす。彼の弟子、ケインズもその意図において師と同じ道をとったといえば、これはもう大学一年生の思想史の授業のレベルとなります。

しかし、敢えて私はこれに触れざるをえません。と言うのは、御著でマーシャルについては「騎士道」の精神が、またケインズには経済に対する国家的介入の是認が、彼の『自由主義の終焉』を引かれながら指摘され、しかもそのご指摘は本書のその後の展開にとって単なる導入的な手続きをこえた極めて重要な意味を負わされていると、私は解したいからです。

すなわち、騎士道の問題はこうです。スミスの説く「利己心」は、しばしば誤解されるように、自分だけの利益追求を専らとし、他者の権利の蹂躙も厭わぬ利己主義的な「心」では決してなく、むしろ同感の原理の制約とフェアープレーの精神に裏打ちされた観念でありましたが、歴史の中でその点が見落とされたのは彼にとっては、不幸でした。いずれにせよ、かかる条件のもとでの各人の自由な経済活動が自らの幸福の達成と共に、社会全体の幸福と発展を齎す、と彼は展望した訳でしたが、その結果は総労働対総資本ののっぴきならない対決から、革命にまで事は進んだのでした。であればこそ、マーシャルは私利の追求ではなく、社会的福利を目指すと言う意味で経済人に「騎士道」の精神の涵養を説いた。他方、ケインズはかかる心理的、精神的要素もさることながら、自由主義市場に潜む制度的な矛盾に着目し、国家によってその是正を図る道を探ったと言うことでしょう。その理論的な到達点を、我々は後にあの『一般理論』の内にみることになる、というのは要らぬ蛇足です。 

しかし、次の点は是非申し上げておきます。御著では、「利己心」の何らかの掣肘と自由主義的市場の是正に対して、これは経済人が自らとりうる対策と言ったレベルのものではなく、国家的な取り組みを要するが、その実行はやがて経済社会制度の本質的な修正にまで行き着く問題を含んでいる次第が追い追い明らかになります。いずれにせよ、彼ら二名の主張にはそうした認識が潜むと同時に、それは何も彼ら二名のアイデア何ぞではではなかった。これは合衆国、日本そしてドイツ、要するに先進資本主義国が取り組むべき共通の問題でもあって、そうであれば先生がまずこの二人をさりげなく扱われるその筆致には中々油断のならぬ気配を感じさせられるのです(以下次回)。