2019年5月24,31日

5月24日・金曜日。晴れ。はや夏日、所によっては猛暑日の街もあるとか。今年の夏が思いやられる。一昨日、地下鉄の冷房にやられたか、風邪をひき、昨日、終日臥せる。抵抗力の減退覆い難し。

5月31日・金曜日。曇り。明日より水無月。梅雨の時期に「水の無い月」とは妙な事と思いつつ、今日まで打ち捨てにしてきたが、本来、「無」は「の」の意味で「水の月」、すなわち「田に水を引く月」という事であるらしい(『日本語大辞典』より)。

 

前書は決して読みやすい本ではない。マニフェスト、すなわち宣言書であるが、そこにいたる説明が主題によっては十分でないまま、断定的に宣言されているためであろう。もっとも、宣言は膨大な文献に裏付けられており、根拠がない訳ではない。ともあれ、それを押して読み進めれば、非常に啓発的であることは間違いない。

以下では、著者のいう「防御的経済成長」の主張についてのみ紹介するにとどめたい。これはわれわれの問題にも深く関わり、また現在の経済発展のメカニズムに潜む負の部分を鮮やかに浮き上がらせているからである。

この「防御的」と形容される経済成長は、殊に合衆国で典型的であるが、今や欧州(そして日本)をも覆う経済活動の在り方である。これを一言でいえば、こう要約されよう。経済発展がもたらす豊かさは、その反面、様々な物、或いは事を犠牲にして来た。

例えば、自然環境の劣化、家族や社会的な人間関係の希薄化、むしろ断裂はその最たるものであろう。それらによって、人々は相互の信頼や恩恵と言った、貨幣価値には還元されない有形・無形の慰安や安心を受けることが出来た(これらを著者は「社会関係資本」という)。資本主義社会以前の農業を中心とする社会(村落共同体)ではどこでも見られた、当たり前のことであったが、経済発展や都市化と共に住民は都市へと吸引され、血縁・地縁関係は消滅すると同時に、都市住民となった彼らは孤立し、生活の多くは自身の責任で維持していかなけれならなくなった。

もっとも村落共同体にはそれ特有の閉鎖性と共同性が強固であり、それが個人の自立・自由を拘束する。また、共同体からはみ出す住民を厳しく罰し、排除する面のあることをみれば、共同体生活を手放しで賛美することは出来ない。こうした社会からの脱出こそ、経済的な理由とは別に、若者たちが持つ都市への羨望の一つであったであろう。

だが、元に戻ろう。都市住民となった人々は、かつては当てにできた社会関係資本を失い、いまやそれに代わる代替物を自ら獲得しなければならなくなった。屋内には、人間関係を埋め合わせ、孤独と無聊を慰めるテレビ・スマホ他数々の電化製品、荒涼とした住宅街では細やかながら庭木を設え、あるいはいつでも自然に帰れるような別荘や自由な移動を保証する自家用車等々と、獲得すべき財貨やサービスが無限に迫ってくる。かくて人々はそのための所得をめざして、ただ勤労に駆り立てられる他はない。「防衛的」経済活動とは、そのように失われた生活の回復を図ろうとするものである。そして、GDP(国内総生産)で示される経済成長はそのような消費欲に支えられた経済活動の結果だと言う訳である(以下次回)。

2019年5月17,22日

5月17日・金曜日。晴れ。今週前半は大学業務に忙殺され、本日、漸く早稲田に出社。やや疲労気味。例によって、前回の文章をやや手直しした。

5月22日・水曜日。晴れ。明日より暑さはさらに募るとの予報あり。

 

これまで本欄で取り上げたイサカ市はじめ様々な事例から分かるように、「住みたい街」造りは、必ずしも地域の広さや人口規模に捉われる必要はないと言いたい。

だが、経済至上主義に立って、経済発展が無ければ住民生活は成り立たない、とこのように考えるとどうか。ここでは、市圏の拡大と人口増を前提に工場誘致を図り、またそのための土地の確保、各種のインフラ整備が不可欠で、それに応じた自然環境の破壊は免れない。しばしばそれは、もはや現況回復が不可能なほどのものとなろう。しかもそうして出来上がった産業地域は、規模の大小を問わず、時々の経済状況に左右され、行政は常にその維持や発展を目指した政策を取らざるを得ず、この限り市行政の独立性は損なわれる。にも拘らず、事業体の撤退やら破綻ともなれば、生活基盤の喪失と失業だけが残されよう。企業城下町の危うさはそこにある。そして、地域の疲弊の第一は、そうした連鎖の中で、青年層の都市への流失にあったのではなかったか。

しかも、このような経済発展を第一義とした社会は、住民自身の生活や暮らしにとって決して幸福なものになり得ないと言う主張が、最近、さらに強まって来ているように思われる。S.バルトリーニ著・中野佳裕訳『幸せのマニフェスト 消費社会から関係の豊かな社会へ』(コモンズ・2018)はその一例である(以下次回)。

2019年4月26日,5月2,8日

4月26日・金曜日。曇り時々雨。やや冷える。明日より、国民の祝日としては前代未聞の10連休が始まる。「令和」の時代目前。「令」とは「ひざまずき神意に耳を傾ける」意という。そこで令には、清々しくも美しい感覚を呼び起こす意味が込められていると共に、他方で神の意に従うことから指令とか命令の意味を孕む。願わくは、新時代が「美しくも調和」ある時代であらん事を。

5月2日・木曜日。晴れ。令和元年、二日。平成天皇は、国民統合の象徴としての天皇の在り様を皇后と共に考え、それを具体化し、国民に指し示した。それが国民に寄り添い、わが国はじめ世界平和への祈りであった。お二方の30年に及ぶご努力は時と共に一層の輝きを増すであろう。

5月8日・火曜日。晴れ。風爽やか。

 

以下は再び、ウォーカー『住みたい街を自分でつくる』(3月26日)の項に接続するが、しかしもはやその再現を目指してはいない。すでに、これまでの文章によって彼女の意図が形を変えて示されているからである。ただしここで、ウォーカーたちがつくって来た「住みたい街」は、どのような地域と環境の中にあり、また歴史を負っていたかについては一言しておかなければならない。

舞台は米国北西部ニューヨーク州中部・トムキンズ郡の一市イサカである。カユガ湖南端に位置し、3つの丘陵地に広がる新宿区(18.23㎢)よりやや狭い15.7㎢の土地に、3万人が暮らす。当然アップダウンの多い、それだけに豊かな水流が湖・渓流・滝と姿を変えて変化に富んだ自然を形づくり、そうした自然環境の中にコーネル大学、イサカ大学を擁する学園都市でもある。

当地にも勿論、ヨーロッパ人たち入植者が入る以前には、自然と共に生きてきた先住民、ここではイロコイ族の生活があった。彼らの生活が入植者たちに及ぼした影響力は、イサカ市のその後にとって、それ以上に米国の建国にとって逸することの出来ない意味を持った。

すでにイロコイ族は、それぞれ女系で繋がる6部族に分かれていたが、それらは互いを尊重し、各部族の自立性を認めながら平等の部族連合体として統治する手法を編み出していた。そこでは、「自然界とともに生き、誰とも平和に暮らしていくという価値観を、いつも思い出させてください」という祈りの言葉通りの生活が目指された。

このような価値観や統治手法に大きな感銘を受けたのは、後に合衆国の建国に尽力するベンジャミン・フランクリン(1706-1790)である。彼はイロコイ族との親交の中から、彼らの精神と原理を学び取り、ここに後の「ユナイテッド・ステイツ」という革新的なアイデアに思い至ったと言う(14-17頁)。フランクリンは言う。「シックスネーションは賢い人たちの集まりだ、だから、彼らの協議会に耳を傾け、われわれのこどもたちにも、それに従うように教えよう」。

であるとすれば、イサカのその後の歩みが、根底において女性を含めた人々の自由と平等の統治観を忘れず、さらには自然と共に生き抜く価値観に支えられて、今に至ったと言えよう。歴史の及ぼす影響力、規制力がいかなるものであるかを、改めて考えさせる話ではないか(以下次回)。