2019年1月25日

1月25日・金曜日。薄曇り。風強く、寒し。

 

前回を受けて、何方かの参考のために引き続き「携帯紛失顛末記」を記しておきたい。先ず、紛失した携帯電話機は、本日無事、我が手元に引き取った。飯田橋の警視庁遺失物センターに赴き、ドコモから送られた書状、公的な身分証明書を提示し、書類に認印を押すと、待つ事20分ほどで返却された。郵送用紙には、同センターに保管されたのが、21日・月曜日とあり、また、「地鉄」の文字が見えることから、紛失場所は地下鉄車内である。私は確かに13日・日曜日の23時頃、半蔵門線の車内におり、その30分後には春日部の我が陋屋にご帰還であった。思うに、その時座席に落ちた携帯機は一旦、地下鉄の遺失物センターに送られ、その後警視庁遺失物センターに移されたのではないか。それが一週間の期間であった。私がドコモに通信止めにしたのは、紛失に気付いた14日・月曜日の深夜であり、丸々一日の無防備な時間があったことになる。

引き取った携帯にはかなりの名簿が残っている。そのデータは移さなければならない。飯田橋のドコモショップに行って、その旨を告げるとご自分でやっていただきたいと、機械の前に連れて行かれ、オッポリ出された。途方に暮れてまごまごしていても知らん顔。完全予約制でカネにもならんと思われたのだろうか。外堀道り沿いのドコモショップであった。

憤然とした面持ちで、早稲田の事務所で事の仔細をいえば、穴八幡神社向かいのドコモショップを教えられる。ここは親切で間違いはない、とのお墨付き。先と同様の説明をすれば、我が為すべき最小の手続き(ドコモに届け出た4桁の数字の入力と電話番号、住所の記載)のほかは、通信止めの解除から新規の携帯機へのデータ入力、バックアップ用に買ったチップに名簿の入力にいたるまで誠に手際のいいサービスであった。第一、紛失機のデータ解除なぞ私ができる事ではない。NTTドコモとのやり取りがあっての事であるとはその時初めて知った。とすれば、先の場合はナンだったのだろう。コッチの説明が悪かったのか、いい加減に聞いていたのであろうか。しかし、私の説明は同じだったのだが。

それにしても、NTTドコモ直営のドコモショップは一店舗もないと、先日、はじめて知った。この限り、NTTドコモは各店舗の指導、経営には直接の責任を負わないということになろう。ショップのオーナーはNTTドコモにノレン代を納め、あとは自助努力によって頑張ることになる。当てれば儲かるし、外せば潰れる。こう見ればショップの盛衰ぶりはよく分かる。au、ソフトバンクも仕組みは同じであろう。まずは親会社同士のシェア争いがあり、そのもとに系列内のショップ間の競争が続く。そのいずれも容赦のない戦いであるに違いない。こうして、国民はどれかの端末機をいやでも買わされ、ヒョンナことで紛失すれば今回の私のように、不安のあまり寝もやらずジタバタさせられるのである。しかし、考えてみれば、普通の人々が瞬時にやり取りしなければならないような切羽詰まった情報がどれだけあろうか。確かに便利であるが、その便利のために命を削るほどのものがあるのか。電車内やホーム、あるいは人混みのなかで見ている情報はそれほどに大事なのであろうか。そんな事を思うと、我々は何か得体の知れないモノにとりつかれ、操られているのではないのか?一度、ジックリと考えた方がイイのではと、つくづく思わされたことである。

2019年1月22日

1月22日・火曜日。晴れ。

 

新年早々、情けない話二題。前便を配信した辺りに風邪をひき、二日ほど寝込んだ。だがいまだ咳が残り、一週間前に処方された四種の薬はほぼ尽きた。その中の鎮咳剤が特にいけない。毎食後二錠服用とあり、律儀にこれを守ると、程なく懈怠と眠気に襲われ、たちまち意識混濁に堕ちる。これを押して活字を追っても詮無いことで、とても理解できるモノでは無い。当初、これに気づかず頑張った挙句、オレはとうとうバカになったと、かなり落ち込んだが、歳による衰えは確かにしても、それだけでは無いらしいとやや安堵する。かくて本日、漸く出社に及んだ次第である。なお、風邪の元凶は孫娘で、学校から運んできたのだが、そこで「おマエのせいで風邪ひいた」と言えば、「アラ、ヨカッタワネ」と一片の同情もないには、これもマイッタ。

あと一話は、これも悲惨。その同じ頃、携帯電話機が見当たらない。家探しをするも発見できない。失くしたかと、ガックリ。紛失した翌日の深夜のことである。呆然としながら手帳を繰れば、こんな事もあろうかと何年か前に記した、それ専用のドコモの番号を発見。こんな時間に繋がるものかと訝りながら問い合わせると、応答があった。まさに天からの救いの声であった。早速、通信止めとし、その後の手続きを聴けば、警察に届け、受けた書類を持ってドコモに行けば購入できるという。

翌日、病院の後、朦朧としながら、春日部のドコモショップで必要な手続きを取る。二日後、紛失したと全く同じガラケイが来た(番号・メールアドレスは従前の通り)。この際だから、スマホデビューを考えなかった分けでも無いが、店員がわが顔を見てかどうか、頻りにこれを勧めるので従ったまでである。余程、頼りないと思われたのであろう。

かくて、今や以前のデータを全て失い、少しづつ復元している最中であるが、昨日ドコモセンター(?)から連絡があり、失くした携帯電話は無事、警視庁遺失物センターに保管されているとの報を受けた。どうやら、これ以上の被害の拡大を防げたらしいことに、まず感謝する。勿論、こんな思いは二度と御免だが、今後、こんな事に出会った人には、私なりの有効なアドバイスをしてやれるかも知れない、と思えばよい経験であった、と負け惜しみを言っておこう。そして、新年早々の詰まらぬゴタゴタであったが、これは今年の厄落としで、本日以降、我が生活は隆盛の一途をたどるに違いないと、神にも仏にもすがってやってまいりたい。

と言う次第で、本日は「社会のたたみ方」の論考は、休載とさせて頂いた。

2019年1月9日

2019年1月9日・水曜日。曇り、風強し。本日、仕事始め。

 

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。我が正月はただ賀状の返信に明け暮れ、松が取れる頃に終了となるのは、例年の通りですが、今年、この年中行事がともかくこなせた事に安堵する思いを、初めて味わいました。今年を以って終了、と言う賀状をしばし頂戴したからです。それは我が身も同じで、来年は突如そんな心境になるやも知れぬと思えば、今出来ることを、ともかく大事にしよう、これを本年のささやかな決意とします。

さて、金沢の町づくりとその為の努力は、観光都市を建設し、そこから潤沢な財源をひねり出そうと意図した分けではまるで無い。順序は全く逆である。いくつもの市条例を重ね、市行政と市民や事業者らとの絶え間ない対話を通じ、何よりも住民にとって暮らしやすい町づくりを第一とし、こうして他ではない金沢「らしさ」の在る町が出来上がった。その結果、そんな町を見てみたい、行ってみたいと思う人々が訪れると言うことなのであろう。誤解の無いように、この点を特に補足しておきたい。

以上、筆者が言いたかったことは、町づくりとは住民の理解と合意、それに基づく協力、支援が第一の要点であり、これを欠けば行政のいかに立派な指導や計画も画餅に帰する。この事は、先の村落の廃村についても繰り返し触れたことである。この点を改めて確認し、以下では今少し具体的に町づくりの骨子を辿ることにしよう。その手がかりを矢作 弘『縮小都市の挑戦』(岩波新書、2014)に求めたい(以下次回)。