2018年11月15,21日

11月15日・木曜日。晴れ。過日、東京有明医療大学 付属鍼灸センターに2時間余を掛けて出向き、この歳にして初めて鍼灸治療を経験した。NHKの特別番組に触発され、ことに西洋医学との融合もはかるとの治療方針に惹かれたからである。初体験の印象としては、効いた。週一度通院することにしたが、様子を見て、いずれ経過を報告したい。例によって前回の文章に手を入れる。

11月21日・水曜日。晴れ。鶴巻公園の銀杏今なお青々とし、他の落葉樹は紅葉せぬまま落ち始める。その葉無惨な茶色にくすみ、この冬の暖冬を告げる。気候の変調明らかなり。今週月曜日、二度目の鍼灸治療を受ける。今回は、やや痛苦を覚えたが、体調は改善されているように感ずる。

 

先に、地域再生を目指した「町づくり」について、考慮すべき項目を6点にまとめて提示した。勿論、これは筆者の私論に過ぎず、これで尽きるなどと言える代物ではない。読者には、これを手掛かりにご自分の「町づくり」論の枠組みを構想して頂ければ、と思う。

以下では、最後に付した5、6の項目に対し若干の説明を加え、必要な限りで他の項目との関連を考えつつ、ここでの「町づくり」論についてヨリ具体的なイメージが持てるよう努めたい。

新たに加えた点は、地域の歴史・風土とその文化性であった。この2項目は互いに溶け合い、結局は一つの項目に纏められるものであるかも知れないが、ここでは分けて考えてみたい。

まず前者から始めてみよう。ここで私が言う歴史・風土とは、今日の地域を現在のように造り上げた重要な要素であり、ある意味これは地域を生み育てた入れ物だと考えたい。とすれば、なぜこの地域がこのようにあり、他のようには成らなかったかが分かり、それ故この地域がこのような特徴を持つということを、人々が理解できることになる。

地域はそこに住まう人々によって維持され、彼らの創意、工夫や努力に拠ることは言うまでもないが、同時にそうした人々の活動は、初めから彼らの置かれた歴史的・自然的な環境に大きく制約されてもいる。和辻哲郎は、だから『風土―人間学的考察』で人間理解の一つの方法として風土に着目したのであろう。そして、こういう考え方は、私見では、ある人間を理解するためには、彼の育った環境と幼児からの精神史を知らなければならないという、フロイドの見方を想起させられるのである。

してみると、地域の今後の展開や改革は、そうした歴史的・風土的な環境を無視し、あるいは断絶させる、何か暴力的な仕方で断行することには、無理があろうし、その維持は長期的には不可能ではないのか。たとえばここで、砂漠のど真ん中に忽然と出現させたラスベガスや中近東の最近建設されているような、全く人為的な都市を考えれば、ドウか。そのような都市は、その存続のために飲料水や燃料その他生活上のインフラ施設の維持のために膨大なエネルギーを要するばかりか、永遠にそのような努力を続けなければなるまい。しかし、そのような事が今後も可能なのであろうか。私にはこれらは、まさに砂上の楼閣に見えるが、それはそう見える、我が眼球の障害故なのであろうか(以下次回)。

2018年11月2,6日

11月2日・金曜日。晴れ。本日より本論に戻って、10月9日・火曜日の論述に繋げたい。ほぼ一か月の思考の中断により、話の接ぎ穂を得るに、当方にもやや戸惑いあり。

11月6日・火曜日。雨。本日、世界が固唾をのむアメリカ合衆国の中間選挙の投票日である。トランプ大統領の2年間の政治的成果が問われ、その結果は全世界に対し甚大な影響を及ぼす。諸外国がこれほど注目する選挙は、近年希ではなかろうか。なお、前回の文章にかなり手を入れた。

 

私がこの記事に惹かれたのは、ここには「人口減少時代のまちづくり」のヒントなりエッセンスが詰まっていると感じたからである。以下それを要約しておこう。

1.地域の自然資源の徹底的な活用が先ずあげられる。両町の場合、それは森林から切り出した豊富な樹木である。建材や各種木工用の製材加工から木酢液の抽出さらにバイオマスとしての活用などである。特に下川町では、そうした取り組みから温水や暖房用の熱源を引き出し、少なからぬ予算の節減をみた。のみならずシイタケ栽培が軌道に乗り、大手製紙会社の薬用植物研究所を発足させたようである。

2.域内での生活に展望が開けると、自然の中の暮らしに惹かれた移住者が見込まれるばかりか、現に「昨年度は転入者が転出者を21人上回」る成果を見た。この点を評して、国谷裕子氏は言う。「地域の資源を上手に使って外から人を呼び込むことで、町の持続性を高めている」。

3.こうした域内資源の地産地消をベースにした経済的仕組みを整える事で、地域は基本的な経済的自立への道を歩み始める事が可能となる。この事の意味は重要である。周辺都市圏への不必要なまでの依存が縮小され、都市経済の事情に左右されにくくなるからである。そうした町の意志と覚悟は、三井物産の子会社が提案した大規模なバイオマス発電への協力を拒否した町議会の姿勢からも明らかである。これを受け容れれば安価な熱源の購入が見込まれたのにである。反対派によれば、「これまでの地域に根ざした仕組みが取って代わられ、町内で利益が回らなくなる」との危惧があったからである。つまり、会社提案にのれば、町は結局会社に依存せざるをえないことになり、そこから上がる利益は町には還元されないこともあり得る。のみならず、経済事情によって、会社の撤退と言った深刻な場面に、町は逢着するかも知れない。

4.最後に、これら一連の取り組みは、全て住民を主体にして実行されたことであり、その重要性はこれまでも様々な地域のリーダー達によって異口同音に語られたことであった。ここでも当プロジェクトに反対した町議は言っている。「住民といっしょに将来を考える必要がある。今回こういう形で立ち止まったのだから、対話を積み重ねたい」。

以上の項目に5.地域の歴史・風土、すなわちその地域が今日に至った成り立ちと、この点と重なるが6.文化性を加えれば、「町づくり」についての考慮すべき基本的な論点は摘出されたことになろうか。ただしこの点は改めて考えてみなければならない。