2017年9月29日

9月29日・金曜日。快晴。前回の文章、多少手直しする(なお、そうした手入れは毎回のことであると、一言しておく)。

先ず、下山貞則の轢断死体は自殺であったのか、他殺であったのか。総裁を良く知る周辺の人たちは、当初から他殺を疑っていた。残された遺品や状況証拠からも自殺は考えられなかったからである。にもかかわらず、捜査は次第に自殺説へと傾いていく。決定的なのは、事件前日、下山が宿泊したと言われる旅館の女将が総裁に似た客の宿泊を警察にハッキリと証言し、また彼と思しき人物が現場近辺を徘徊している様を何人かが目撃しているからである。ただ、これらの証言は、巧みに変更され、捏造の様相が濃く、しかも女将の主人は特高上がりで、警察とも関わりのある人物であった。つまり、こうした証拠に対する疑念は払拭されていないばかりか、替え玉説を含めて益々疑いを深めるのである。

決定的なのは、轢断死体はそれ以前にすでに死亡していたとの解剖所見である。下山の遺体解剖を担当したのは、古畑鑑定として知られる東大法医学教室主任教授・古畑種基であった。教授は多くの司法解剖を手掛け、警察庁科学警察研究所長を歴任するなど、わが国の科学捜査の発展に多大な功績を残したと言われる人である。その四男・和孝氏(東京大学名誉教授)が著者にこう語った。「父は、こう言っていました。下山事件は学問的(解剖学的)には実に簡単な問題だと。死後轢断は動かし難い歴然とした事実であると」(柴田前掲書480頁)。

にも拘らず、古畑は事件後国会にまで呼び出され、自殺説を展開する慶応大学・中館教授の論難に対し、さしたる反論をしなかったようで(同書481頁)、著者はこれを訝っているが、やむにやまれぬ圧力があったのであろうか。ここに至る入り組んだ経過と不気味さは、とても一口に言えるものではなく、興味の向きには、是非、本書を一読されたい。ここでは731部隊の関与が問題であったのだし、それについてのみ、一点文章を引用して長くなったこの項をそろそろ閉じることにしたい。

「下山総裁は事件当日に拷問を受けたと考えられる。総裁の体には、性器の先端や両手足、内臓の皮下出血など、生活反応のある傷がいくつか残っていた。これは生きている時に暴行を受けた痕跡だ。…総裁は、血液を抜かれて殺された。ただ殺害し、自殺に見せかけるだけならば、このような手のこんだ手段を用いる必然性は存在しない。「血を抜く」という手法は、古くは中国で、最近ではベトナム戦争時の解放軍によっても敵将を自白させるための拷問として用いられてきた。中世のヨーロッパのキリスト教社会では、魔女狩りの自白にも使われている。…いずれにしても血を抜くという手法は殺害方法としてはきわめて稀だ。その目的は「拷問」であり「自白」である」(458頁)。

文意はお分かり頂けるであろう。著者によれば、総裁は他殺であり、拷問を目的とする「血抜き」の刑であった。著者は1999年の9月、戦時中に731部隊に所属していたA氏(82歳)を訪ね、部隊の事ではなく、下山事件の件で衝撃的な話を聞かされた。話はこんな風に始まる。「別に大したことじゃないんですがね。下山さんは、確か血を抜かれてお亡くなりになったとか。それで、ぴんときたんですよ。ああこれは、七三一部隊の仕業だって…。」「どういうことでしょう。血を抜くのと、七三一部隊が何か関係があるんですか?」「ええ、ま…。これは森村誠一の本にも書いていなかったから、一般の方はご存じないと思うんですがね。七三一部隊では細菌兵器の研究の他にもいろいろな人体実験をやっとったんですよ。例えば断水。人間は何日水を飲まなかったら死ぬかとかね。他には断食。耐寒。これは零下十度の戸外に裸で放置したら何時間で死ぬかとか。感電実験とか高温実験とか、よくあれだけ残酷なことを考えついたものです。その中に、抜血とう実験があったんですよ…」。「なぜ、そんなことを?」。「人間は体重の何パーセントの血を抜いたら体温がどのくらい下がるとか、意識を失うとか、死んでしまうとか…。そういうデータを取るわけですよ。拷問とかには、一番効果的だとは聞いています。なにしろ自分の命の時間が見えるわけですから、死ぬ覚悟がなければ話してしまいますね」(473頁)(以下次回)。

2017年9月22日

9月22日・金曜日。小雨。晩夏、初秋の実感の無いまま、早や秋深し。

人の死の背後には様々な原因・理由があり、それらが特定されない不審死の場合、社会的に多少の耳目を引くものである。それが現下の重要人物となれば、のっぴきならない大きな社会問題になるのは避けられない。だがその死因が自殺と認定され、しかもその理由が病弱、精神的・家庭的困苦等全く個人的なものに留まり、それらが人々の得心をえられる程の整合性がつけば、一応、社会は納得し、それ以上の詮索は求めない。その限り、警察が捜査に乗り出すこともない。とすれば、自殺はその背後に蠢く闇にとっては、願ってもない死因となる。
下山貞則の死もそのようにして解決されるべき死の筈であった。だがそうはならなかった。自殺・他殺の説が入り乱れ、原因は特定されずに「下山事件」として、今に至るも未解決のままとなった。ゆえにこれは、司法的には決着を見た「帝銀事件」とは対蹠にある、別種の未決事件である。しかし彼の死は「自殺」ではない。他殺、しかもそれは「暗殺」であった。この事は政府自身が認めたことである。時の総理・吉田 茂は言っている。「日本政府は一九四九年夏に発生した国鉄総裁暗殺事件は、一人の朝鮮人による犯行と断定した」(柴田哲孝『完全版 下山事件最後の証言』562頁。祥伝社文庫・平成29年)。なお、600頁に及ぶ本書は興味深くも恐ろしい書である。ここでは、GHQの管理下にあり、二重統治に喘ぐ当時のわが国の政治・経済・社会の暗黒面を抉り出し、そうした広範な視野のもと「下山事件」が解明されていく。しかも、同時にそれは、この事件にも深く関わり、他に密輸・暗殺も手掛けたと言われる、得体の知れない貿易会社「亜細亜産業」の重役が著者の祖父であったという、何とも凄まじい家族の物語でもあるのである。
一朝鮮人の犯行とする吉田の言は、マッタクの出鱈目である。それは吉田自身も知っている。むしろ彼がここで言いたかったことは、当時取り沙汰されたGHQの事件への関与の否定であった。そんな事にでもなれば、漸く纏まりかけたサンフランシスコ講和条約は破綻し、これによって構築しようとする対ソ連に対する日米の防共政策は瓦解しようからである。とすれば、この事件に対する政府の対応の評価は難しい。本条約は、その後のドイツ、朝鮮半島の分断の歴史に徴すれば、わが国にとって計り難い恩恵をもたらしたことは争えないからである(以下次回)。

2017年9月11日

9月11日・月曜日。強い日差しなるも、吹く風は秋。

帝銀事件の翌年、すなわち昭和24年7月5日、国鉄総裁下山定則が国鉄本社に近い日本橋三越本店から忽然と姿を消し、翌日の未明、常磐線の北千住と綾瀬の中間辺りで轢断死体となって発見された。世に言う「下山事件」がこれである。

事件はこれに留まらなかった。むしろ、これに誘発されるようにして、10日後には、三鷹駅構内で無人の電車が暴走し、多数の死傷者をだす「三鷹事件」、翌月の17日には、「松川事件」として知られる東北本線松川駅近辺での列車顛覆事件と連発するのである。特に本事件の場合、現場は丁度カーブ状になっており、その地点のレールから犬釘を抜き、継ぎ目板2枚とボルトも外されていたと言うから、顛覆はどうみても人為的に惹き起こされた事件とみる他はない。政府はこの二つの事件を、国鉄合理化の阻止を目論む、共産勢力の仕業として断罪し、当初、裁判もそうした方向で進んでいくのである。これを見ても、労使双方の関係が如何なるものであったかが、察せられよう。

下山事件はその先駆けとして発生した。一か月前に就任したばかりの新総裁は、GHQの命を受け10万人規模の人員整理というとてつもない難題を背負わされ、折しも失踪事件前日(4日)に彼は30700人の解雇名簿を発表すると共に、その断行を宣言していた。それがいかほどの重圧であったか。ここには、外部からは伺い知れない、総裁の苦衷があったであろう。

だからであろうか、失踪に至る数日前の総裁の挙動は、傍から見ると腑に落ちない、何か錯乱したもののように見えた。轢断死の一報を受けたとき、総裁は自殺に追い込まれるほどの重圧の最中にあったのだろう。こう納得した人が少なくなかったのも無理からぬことであった。そして、警察も自殺説で処理しようとしたのである(以下次回)。