2016年12月21日

12月21日・水曜日。晴れ。いまだ賀状の準備無し。今日にも文案をと、少々心急く。また、昨日、ドイツのファラー家よりクリスマスカード来るも、当方はこの4、5年プレゼントのみにて返信せず。ただ、ドイツ語の手紙が面倒の故。文面には「昨年も、お前たちのことは何も聞かされなかった」とあった。数年前、彼は心臓の大手術をしたのにである。

今月の我が定期券(春日部―浅草)は数日前に切れていた。それは分かっていた。そして過日は、前からの約束で、東京に出かけなければならなかった。約束の時間は早や迫り、更新の暇も有らばこそ、パスモのチャージを使って、折からの特急電車に飛び乗った。それでも五分の遅刻。こうしたスリルと不安、相手への申し訳なさは毎度のことながら、一向にこの悪癖は治らない。小学校時代からの我が宿痾である。だが私は、プーチン氏の向こうを張っている訳で無いことを、ここで一言させていただく。少なくとも私には、氏とは違って、申し訳ないとの気持ちだけはあるのだから。

だがここでは、そうした悔恨のつれづれを記そうというのではない。パスモに貯められた金額の激減ぶりから、改めて交通費の高さに一驚した次第を述べてみたいのである。私の生計費は年金、クリエイトの給与プラスαで、有難いことながら他の高齢の皆様方よりは多少の余裕があるほうだと思う。その私が言う。公共交通機関の「料金は高い」と。往復で優に千円は超えてしまう。これでは、東京近郊の年金生活者は東京はおろか、県内移動もままなるまい。

東京住まいの友人に訊けば、都営のバス、地下鉄は無料だそうで、ここでも地域間格差は歴然としている。その他、医療、福祉等のサービスを挙げれば、高齢者が都心回帰になるのも当然であろう。私もかつてソンナことを言われたことがある。若者ばかりか、年配者も都心志向になれば一極集中と地方の疲弊は留まることは無かろう。その余裕のある年配者達が地域を去ればなおのことであろう。

こんな事を言えば、お前はまだ高齢者優遇を言い募るのか、と叱られるかも知れない。そうで無くとも、年金や医療ではやり玉に挙がっているのだから。しかし、私の趣旨は少々違う。高齢者を家や地域に逼塞させておく事の得失を言いたいのである。一定の収入しかなく、これだけの低金利時代では、「出を控える」他はないわけで、それは結局彼らの生活圏を狭め、様々な刺激を奪い、医療費ほかに跳ね返ってくるのではないか。

そこで私の提案はこうだ。働ける余裕のある人には、若者の職場を奪わない限りで職に就くことを支持するにしても、その他には公共機関の費用を全額とは言わないまでも、税金で補てんする仕組みはどうか。新幹線ではすでにシニアの割引制度があるが、日々の生活にまでそれを拡大するのである。30年ほど前の話だが、そんなアイデアが出されたことがあった。ラッシュと逆方向の交通費を半額にすると言うものであった。また通勤、通学時間以外の私鉄の利用率は、私の実感ではかなり低く、年配者たちに乗ってもらえば、街の活性化にも繋がるはずだ。巣鴨のあの賑わいを、より多くの街に広げたい。私の経験から言って、我々には時間だけはタップリあるのだから。交通を通して町と街を年配者たちによってつなぐのである。

これをもって、本年の「金子光男の手紙」の最終便とします。皆様方には、本年もつまらぬ手紙にお付き合い頂きありがとうございました(?)。来年もよろしくお願い致します。良いお年を!

2016年12年12日

12月12日・月曜日。晴れ。本日、母の命日。一年前のことである。この二三日の快晴により、わが家のソーラーパネルの稼働力高し。

これまでご大層な議論を重ねてきたが、それは何のためであったか。読者はもうお忘れであろう。ズーターの話を。彼がナゼあのような惨い仕打ちを受けなければならなかったか。これを、私なりに解いてみたいという思いからであった。歴史学的に、社会科学的に?

その答えは、いまや簡単である。まず、法の支配が破られていた。裁判所は言っていたではないか。ズーターの主張は正しく、彼の権利は回復されなければならない。彼の土地は彼のものに、そして発生した損害は金銭的な補償を、と。この判決に怒り狂った住民たちは大挙して彼の所領を襲撃、略奪するも、国家はこれを放置し、その後の彼の訴えを完全に黙殺したのであった。つまり、ここでは合衆国は法治国家としての体をなしていなかったのである。だが、国家とは本来そんなものなのかもしれない。圧倒的な利害の前には、個人(とくに権力無き個人)は抹殺されてしまうのであろう。

ズーターはまたカリスマの所有者ではなかった。彼に心酔し、彼のために命を投げ出し、彼に従う人びと、組織は皆無であった。それが証拠に、金が出た、と知られるや否や彼の部下、奉公人の誰もが、その仕事を放り出し、主人の命令を無視するばかりか、それまで多少の恩義を蒙った主人に対してまるで知らない赤の他人のごとくの振る舞いであった。そして、彼には彼を敬わせる歴史的な伝統、それに由来する高貴さというものも絶えて無かった。十年に満たないヨーロッパからの流れ者には、従者たちが自然に敬意を払えるような高貴さを期待するなど、所詮無理な話であった。

いずれの面からみても、彼は自身を守る手立てを欠いていたのである。彼の不幸は一個人として負える数千、数万倍の富を一挙に手にし得たところにあったのかもしれない。しかしそれは彼の罪、落ち度であったのだろうか。ヨーロッパでの彼の生活には如何わしい点も無かったわけではないが、アメリカ合衆国での彼は懸命に働き、工夫と努力を重ねてその地位を自ら築いたのである。その彼が栄光の末の地獄を味わった。これを運命の残酷と言わず何と言おう。運命は彼を、二度にわたって絶頂の喜びをチラツカセながら突如奈落に突き落とした。ヴェーバーはあるところで言っていた。「悪魔は老獪である」と。こんな悪魔に魅入られた者こそ哀れである。さらにこの話は、あのギリシャ悲劇に繋がる物語りを思わせないであろうか(この話は、今回をもって本当の終わり)。

2016年12年5日

12月5日・月曜日。晴れのち曇り。気づけば師走。明日、寒波襲来との由。

本日は老眼鏡を忘れ、前回の文章を読むも、磨りガラスの向こうを見るようで、ボーっとかすんであまり良く理解できない(自分の文章が分からないというのもヘンな話だ)。加えて、先週休んだため、話の接ぎ穂を忘れてしまった。だから、ドウ続けてよいのか戸惑っている。だが、これで止める訳にはいかない。

ともあれ、依法的支配とは定められた法への信頼を基になりたつ政治体制であり、その社会である。だからそれは、多様な権限、権力の行使(特に行政府のそれ)は法によって規制、拘束されるという法治主義の原則にたつ社会である。そして、その法は憲法を頂点に下位の法律とその権限が定められ、しかもそれらは互いに関連する無矛盾の合理的な法体系として整備される。さらに、これを基礎として、その権限、権力を「精密な機械のごとく」(ヴェーバー)行使する官僚機構が聳え立つ。

しかもここでの法の特徴は形式主義的である。形式的要件が整えばその内容は問われない。たとえば生活保護の申請の場合はどうか。彼は必要な書類を提出し、役所はその書類の形式要件を審査して、適法であれば承認する。その場合、申請者が殊更に脱法行為を働かなくとも、法に定められた範囲の所得、資産しかなく、実際はともかく、書類上、とても真っ当な生活ができないと証明されれば、保護は受けられるはずである。他方で、真に生活苦に喘ぐ貧困者が拒否される事例も出てくるのである。ここに、役所の形式主義という非難、怨嗟の尽きない理由がある。

だが、情実や実質主義を排し、形式主義をとった事で、行政、即ち役所の効率性、生産性は格段に上がった。申請された案件が何であれ、門地門閥、社会的貧富の差も無く形式平等的に審査され、決裁されるからである。法を枉げて解釈し、ある人を優遇して、それが発覚すれば、司法の裁きを受けなければならない。今、韓国で起こっていることはそれである。

ここで、もう一点付言しておきたい。権力の行使は何であれ、法律の裏付けがある。また、なければならない。逆に、法に書かれていれば、その限りその行使は最大限可能である。また、その法に触法する行為は全て違法であり、処罰の対象になる。「悪法も法なり」とは、これを言うのであろう。戦前、戦中に治安維持法で検挙、拘束された思想犯、政治犯が獄中、惨い拷問、獄死にあったが、それもまた適法として問われなかった意味を想起すべきであろう。同様に、戦争指導者たちは、法的には何ら犯罪者にあらず、と擁護されたが、それは彼らが国内法の一条も違反していないからであった。これを一歩すすめれば、法の作り方によって、社会の仕組み、構造は一変するという怖さがある。昨日まで禁止されていた事が、今日は許される。例えば売春、賭博がそうだ。つまり、権力を持つ立法府の意図によって、国家はどうにでも造り替えられるのである。さらに、法の適用は貧者や弱者のためになされるのではない。法解釈上で正しい、その意味で正義であると認められる者の側に立って執行されるのである。能力のある弁護士を雇える金持ちや強者が、しばしば救済される理由である(本日はこれまで)。