2015年11月27日

11月27日・金曜日・晴れ。

キョウは前回の続きの心算であったが、ジャパン・タイムズで面白い記事を読み、その印象を忘れないうちにと、扱ってみることにした。だがそれは、やがてはこれまでの文脈にキッチリ収まるはずで、そうならなきゃならないで無理にもツジツマを合わせて見せますから、まずはご心配なく。なにしろ我が42年に渡る研究生活(?)はそんな事の明け暮れであったもので、それだけは大いに自信が有る。

くだんの記事は11月21日・土曜日、「ドンナ食べ物が健康的かは、君しだい」(Which foods are healthy depends on you)と題して掲載された。結論を先取りして言えば、ある人に健康的な食料が他の人には肥満をきたすなどあって、だから「万人向けの減量方式は基本的に間違いである」ということだ。こうした所見を引き出したのは、ヴァイツマン科学研究所(イスラエル)の研究者・エラン・シーガル氏である。

事の起こりは、ある女性がトマトを食べる度に血糖値が上がるという事実からであった。ナント、一般に低脂肪の健康的な食物とされるトマトによって。この結果に触発され、800人のイスラエル人を対象に組織的な実験が始まる。そこで得られた結論は実に驚くべきものであった。つまり、同一の食事を摂りながら、それに対する反応はまさに千差万別。実験参加者は一週間丸まるをかけて、五分間ごとに血糖値を測定され、さらに排泄物の腸内微生物の分析、摂取物の入念な記録が取られた。私には、これは身を捩るような恥ずかしさと苦行であるが、皆さんはドウか。

被験者の中には、糖尿病患者はいなかったものの、その予備軍と思しき者や肥満の人びとは含まれ、とくに彼らの間で見られる同じ食事に対する代謝対応の異なる様相にはいたく驚かされた。たとえば、アイスクリームより寿司で血糖値をあげる人、前記のトマトの事例等々である。これらは結局のところ、栄養摂取の問題は個々人によってその反応は全く異なると言うことである。こうした知見は、栄養学における「大きな欠落」(a big hole)を浮き上がらせた。

血糖値の問題はいまさら言うまでもない。曰く。糖尿、肥満、眼圧、心臓病、他の合併症等の発症にいたると言う。それ故、野菜、果物、玄米を摂り、白糖や精白小麦粉は避けるなどが推奨されてもきた。しかし、今やこうした教えは必ずしも万能でないことが明らかになりつつあるようだ。シ-ガル氏の共著者エリナフ氏は言う。「この研究は、我々の生存に関わる最も基本的な考え方の一つについて、ナント不正確であったかを、我々に明らかにしてくれた」。これを踏まえて、何が言えるか。彼は言う。栄養面から、ただ低脂肪の食事を摂るべきだというのではなく、「もっと個々人にあった手法――個人を中心に置いたアプローチ」こそが人々の健康改善に役立つはずだ、と。そのためには、彼の体質や腸内微生物の確定、それらが摂取した食物にたいしてどう反応するか、などが個々に認識される必要があろう。これは「個人化された栄養治療」(tailor personalized nutirition therapy)と言われる様だが、こうした治療法は栄養学に限らず、抗がん剤や病院食もこれまで以上に個人化された方向をとっているようである。つまり、事は様々な分野で一層個別化されているようであり、そうなると一般化的な理論・法則の認識やその確立をめざす自然科学、経済理論のような学問の意味と役割はどうなるのかと言う問題に行き着くのである(本日はここまで。腰痛に苦しんだ割にはよく頑張った)。

2015年11月19日

11月19日・木曜日。晴れのち曇り。

今日もまた、「ホントの終わり」の続きをやろう。一週間、あれこれ考えていたら、前回の末尾で言ったことは、実は、この今や長くなった主題(わが学問論のつもり)の出発点、イハバ振り出しに戻ったことに気づいたからである。もう、これまでに何を言ったかすっかり忘れてしまって、繰り返しになるかもしれないが、研究の主題選択は、本来的に研究者の自立性に基づいてなされるものである。つまり、研究者はそれ以前に、自立した独立の人格であり、これを前提されている、と言うことである。ヴェーバーの学問論を多少とも齧った者として、これだけはハッキリさせておかなければならない。

勿論、彼には指導者がいる。彼の未熟を補い、当該分野でのそれまでに達した人類の知的成果を教え、そうしてそこでの課題や今後の見込み等々を厳しく仕込む。こんなことは研究分野だけのことではないが、そうした基礎的な鍛錬を積んだ研究者は、その後は眼前に広がる無辺際の荒野を一人歩むことになる。只ただ、自分の意欲と能力、そして有るか無きかの幸運だけを頼りに。自然科学分野での共同研究や大型プロジェクトはいざ知らず、人文系、社会科学系の研究の多くはそうである。村上春樹氏は「書きたいものを、書きたいときに、自由に書く。これこそ作家の楽しみである」(『職業としての小説家』)といったように記憶するが、その心は研究者のそれと全く同じである。

研究の動機は多様である。カネや名誉、義務から強制等々。森村誠一『悪魔の飽食』を読んでみられよ。細菌爆弾等の開発のために、石井四郎は満州においてそれは惨たらしい「悪魔」のような生体・人体実験の数々を行い、「飽食」を知らなかった。その成果は、アメリカの同種の研究に及んでいなかったようであるが、人体実験というその特異性のゆえに、GHQに接収され、この取引により彼は戦犯をまぬかれた。彼の学問的な水準がどの程度のものかは、私には不明だが、これもまた研究であるに違いない。かかる恐ろしい研究はこれに限らず、ナチスにもアメリカにもあって、それが戦争と言ってしまえばそれまでだが、これらを含めて研究と言えば、それを推進する研究者の動機は知的興味を越えた別の実践的、義務的、強制的な何物かへの奉仕であろう。しかし、そうした研究に豊饒性と未来があろうか(今日はこれまで)

2015年11月12日

11月12日・木曜日。うす曇り。近頃は 街路で済ます 紅葉狩。

前回、私の言いたかったことはこうだ。無意味な社会に生きるからこそ、人は自らそこに意味を与え、目標や志を立て、その事に励まされて積極的に生き抜く可能性を開くことが出来る。そこには何らの上下の差もない。何故か。絶対的な無意味を前にして、人は上下の基準、善悪の判断をどうつけるというのか。これこそドストエフスキーが言った、「神無くば、全ては正しい」の含意ではないだろうか。

ならば、殺人、強盗、詐欺、カッパライ何でもイインダ、許される、などと間違ってはいけない。そんな事を考える人は、間違いなく監獄送りになるから気をつけたほうが宜しい。恐らくこれはかの『罪と罰』に触れる問題であろう。太宰も『人間失格』でこれを扱った。残念ながら、私にはいま両者の関係を論ずる用意はないが(と体裁のいいことを言うが、そんな用意が出来るときはまず無い)、罰とは社会、というより国家が決めた規範、法律、規則の違反者に対して執行される物理的、精神的な制裁である。そして、この法規範はしばしば社会正義、善悪の判断基準となるものである。しかしそれは社会制度を維持するための規定であり、それ故一つの便宜、手段にすぎないように見える。であれば、それは社会組織が消滅すれば、その瞬間に霧散する他はない。だからホッブスは自然状態(つまり国家のない状態)にある人間は、自らの生存の為に全てを為しうる権能を持つと言えたのである(『リバイアサン』)。こうみると、人間には「善悪」の判断をつける能力はないのではないか、と言ったトルストイの言葉も頷けるものがある(『戦争と平和』)。

誤解を恐れず、ここで分かりやすい事例を挙げよう。売春である。現在でこそ、これは最も忌むべき所業とされているが、人類の歴史と共に在り続けている職業の一つである。どの時代、社会でもこれを正面きって称揚することはなかったが、さりとて根絶された社会を、私は知らない。それどころかある時代、社会では、単なる社会・経済的な政策手段として支持されたばかりか、文化的にもそれが認知されたケースもあったようだ(『売春の社会史』筑摩書房)。ここでは、売春の成立や存続の理由を問おうとするのではないから、この深追いは出来ないが、売春も法がイケナイといわない限り、悪にはならないと言う事を指摘しておきたいのである。もう30年以上も前になるが、ドイツに留学していた折、あちらの新聞で、パリの娼婦たちが職業の自由と権利を守れとばかりに、デモ行進したと知らされ、当時の日本では考えられなかっただけに、ある衝撃を受けたことが思い出される。つまり、売春も絶対悪として規定されてはいないのである。いや、出来ないのであろう。

今回も私は、例のごとくに、妄言の世界に踏み迷ってしまった。と、ハタと気づくが、ともあれ通常言はれている是非善悪は、恐らく社会制度の維持、発展との絡みで云々されているだけのことでしかない。しかし、人は社会・国家の為に生きるにあらず、と私は言おう。というのも、こう考えることが、滅私奉公、忠君愛国ナンゾという怪しげな、そして今ではそれが転じて「社畜」なるお上にも、会社や組織にも都合のよい人間像の鋳造に行き着く危険があるからだ。また、これは個人の人格と個性を磨り潰す思考を持つ。政治学は、国家なる言葉にはコモンウェルス、つまり「市民の共同の福利」の達成を目指すことから「国家」に転じた系譜と、ステーツという国民を支配するための権力装置を意味する「国家」の系譜の二つの流れがあると教えるが、わが国の場合、後者の流れが今もって強い。こうなったには、プロイセン憲法をベースにして構成された明治憲法の精神、あるいは思考が、現在なお息づいているからではないだろうか。

だが、ここで同じ事を、今一度言う。人は社会の為に非ず、自分自身のために生きるのである。国家は、そうした個々人の生き方を尊重し、それを支援し、そのために法を創り、行政を動かし、司法はそうした国家の営みを監視する。そのような意味で、コモンウェルスでなければならない。このような国家制度の枠組みの中にあって、個々人は独立人格として自らの生に向き合い、己の意欲、理想のもとその目標を打ちたて生を生き抜く。こうした人々の連帯、協力のある社会はどうであろうか。そこでならば、「このように生きよ」、との神や学問の指針を失った現代のニヒリズムも乗り越えて行けないであろうか(この項、ホントの終わり)。