2014年6月25日

6月25日・水曜日・ゲリラ雨?
チョイと、最近はこのパソコン遊びも中々面白くなってきたのか、いくらか積極的に向き合える気がする。何事であれ、進歩がなけりゃあ、その気にもならんし、第一興味が湧かん。教育とは、人をそのように導いてやる、そんな営みにみえる。新しい世界、未知の領域への一歩は、誰でも不安と恐れ、自分にそんなことが出来るのか、そんな気分に襲われるものだ。そんなとき、優れた指導者は、彼を励まし事の面白さを見せてやり、彼のどんなに稚拙な一歩でも、そのことをこれから広がる大きな世界への入り口として、ともに喜ぶ感受性があるのだろう。そんな指導者に恵まれた初心者こそ幸いなり。私の敬愛するファジイ理論の大家、向殿政男氏(明治大学名誉教授)が言ったことが思い出される。中学生のころ、数学の教師に「お前は数学がよくできる」と言われた一言に、エラク感激して、この先生の数学だけは頑張ろう、と意気に感じ、見事、本当に出来るようになったという。

自分のことはさておき――もっとも自分のことを言っていたら、何も語れない――教師とはこうありたい。そして、誰でも教師を目指すものは、そのような資質を持ち、すんなりとソウナレルとおもいたい。が、私が見てきた先生方のなかには、エッ!、それはチョット?と思わざるを得ないような、何かどこか勘違いをなされているような御仁も少なくないようだ。たとえばこうだ。親御さんを交えた面談の折、その親に己が威厳を見せつけようというのか、ムヤミニ高圧的、居丈高に振る舞い、滔々とご高説を垂れ、はては生徒を泣かせて胸を張ったそうだ?嘘かまことか定かならぬところだが、彼を知る者はミンナ、彼ならソンなことをやりそうだ、というくらいの信憑性はある。今日は大分ハカが行った。と、威張りたいような気分になると同時に、もう面倒くさくなったので、本日のところはこれまで(次回に続く)。

2014年6月18日

では、人はどんなふうにして、その絶ちがたい思いをサッパリとするのか?その見事な例を、お目にかけよう。わたしの友人の話である。間違ってもらっては困る。私ではない。これはもう、キッパリと申し上げる。

男子なら、タマ算を知らぬものはいない。誰でも皆、きまって左右に一つヅツ与えられ、これは古来より変わらぬ万古不易の法則として、だからそれを当たり前のこととして、ダアレも疑うことはない。誰かそれを疑ったりしようものなら、それは大変。こいつはどっか頭が変か、もしかしたらナ―んか、タマに支障があるのか、イヤイヤ、もっと重大な、人には言えぬ秘密があるんじゃなかろうか?何ぞ、カンぞとあらぬ疑いがかかるは必定。とくに若いモンがそんな嫌疑をかけられたら、それだけで彼の将来は、ジ・エンド。何故にそれ程の重大事が、かかるタマに負わされるのか?子供のころより、ナンシタル者メソメソシタリ、挫けたり、あるいは途方に暮れて泣き言をいおうものなら、それこそ世界のすべて、すなわち親父、センセイ、ガキ大将、はては母親までもがよってたかって、責め立てる。お前は男だろう、タマがついているんだろう、何を情けないことを言ってんだ、となる。これは、彼への励ましなのだろうか?あるいは虐めなのだろうか?それにしてもワカラン。どおしてこんな、シツケなのか教育なのか知らんが、やり方がわれわれの世代にはまかり通っていたのだろう。これはいまだに通じる仕込み方なのか。私は大学のウエイトリフイングの部長を長いことしていたが、そこでもこんな事がまかり通っていたのかも知らん。

だから、である。これほどの威厳のあるタマに、何か不都合なことが起こってみたまえ。当のナンシは居ても立ってもいられるものではなかろう。事実、私は人に頼んで、スマホとやらで調べてもらったのだ。そおしたら、ジャアーン、いたのです。二つ玉でない人が。二十歳前後のその彼が、不安の極みの中で、こう訴えているのである。僕はドウやら、タマが三つらしいんです。どお成っちゃうんでしょう。大丈夫なんでしょうか?ここから広がる彼の想像、不安、イメイジの世界に付き合ってみたまえ。彼の内面の世界は、もはや絶望、生きる甲斐もうせ、それはさながらダンテがウエルギリウスに連れられて、地獄の門を潜るとき読まされた文言そのものではあろう。「汝、すべての望みを捨てよ」。

しかし、わが友人は、言った。あのな、おれの右タマはな、綺麗なアアモンド型の、シッカリしたラグビイボオルなんだけれど、左はナンカそこに括れみたいなもんが入って、形が崩れかかってるんだ?このまま粉々になって、土星のようになったら、どおなっちまうだろう?と言いながら、でも彼の顔は、さして深刻でもない様子なのである。モウ、俺も古希を超えた。今更ジタバタしたって、始まらねえ。こうサッパリとしたもんだった。

つまり、事を受け入れ、欲を捨てれば、人は静かになれる。ただそれは、己が体力の限界を突き付けられ、それは逃れられぬと思い知らされるときに初めて可能になることだ。若い身空では、そうはいかない。多くの未練と欲望と、何よりも有り余る可能性が、かれをとらえてはなさないからだ。しかし、年寄りにはそんなものは無縁だから、かえってあっさりとしていられる。ここに、年を取るということの強さがある、といいたいのだ(6月18日水曜日・雨)(この項、おわり)。

2014年6月11日

6月11日水曜日。本日も雨。だからというわけではないが、今日も前回の話におつき合いいただこう。年を重ねれば、人は自然に熟するというものでもない。では、なぜ近頃の年寄は、いつまでたってもガキっぽく、なにか諦めのつかない、枯淡の境地にはほど遠いのだろう?しかし、これはなにも今に始まったことではなさそうだ。私がこれまでお付き合いいただいた、多くの先輩諸氏の、それはもうエライといわれた先生方でも我儘ほうだい、し放題の、といってご乱行とまではいかないが、―――そこまでいけば、コッチとらもモちっと尊敬もできようものを――マッ、私くらいの迷惑を人様におかけして、別段これといってお恥になることはなかった。ものの本には、そんな御仁はいくらでも出てくるから、今の年寄だけがことさら劣ったものとして、悪しざまに言われる理由もあるまい。

では、一体なぜ、年寄りたちは、6,70歳になっても、耳従い、規矩(きく)をこえずと孔子が説いたごとき、静寂な湖水のような生活に入ることができないのか?ヤレヤレ、やっと、本題にたどり着いた。ここに至るまでに、すでに1時間—?ああ、疲れた。モウ、止めようかな。ナンか、バカバカしくなってきた。今日は老眼鏡を忘れて、眼も痛くなった。でも、これで帰っては、ミンナにナンか言われそうだから、もう少し頑張ろうかな。

その答えは、こうだ。ある種の、といってそれは多くの場合でもあるのだが、年寄りたちは、諦める、格好よく言えば、諦念、断念の念を知らず、いつまでも未練たらしく、己が若き日の思い、希望、あの時の力等などにしがみつき、今でもそれが可能だと思い違いをしているからではないか。己を見つめよ。キミは、昔だって、大したことは出来やしなかったではないか。そのなん分の一の能力が、いま残っているというのか・・?ありやなしやのカネや権力?を駆使してみたところで、心からの共感と得心がなければ、人は動くものではない。そんな結果はたかが知れている。第一そんな大それた願い事を人にやってもらって、それが成就したとしても、今の君の人生上にどんな利益、意味があるというのか・・?君は後、一体、何年生きるというのか。まさか、永遠ではあるまい。そんなことに執着し、その行く末にハラハラ、ドキドキならまだしも、イライラしながら、眼を三角にし、ありったけの腹を立て、命より大事なカネの心配に明け暮れるという生活を、おくりたいのかい(つづく)。