2017年9月1日

9月1日・金曜日。曇り。10月頃の陽気とか。

裁判長の尋問に答えて、判証人は、こう証言する。昭和23年9月、彼は藤田刑事部長私宅で持たれた毒物捜査会議に招かれ種々意見を求められたが、特に「死因判定の問題で私の推論的結論が受け入れられ承認され」た、と言う。この推論的結論は、予め送付された事件捜査経過や検査結果の報告書等からなる10項目に及ぶ文書を基に彼が割り出した結論である。そこには、東大・慶應法医学教室での死体解剖記録、警察本部科学捜査研究所及び木村健次郎東大教授による毒物分析結果報告書等が含まれていた。

彼は登戸研究所元所員土方 博と共に会議当日、「帝銀毒殺事件の技術的検討及び所見」を提出し、「第一毒液を「青酸カリ」または「青酸ソーダ」あるいは両者の混合物」と特定した。ここに至る経過はともあれ、ここでは興味深い結論部分のみを引いておこう。「本件の毒物は…工業用のものと判断するを適当とす。これが理由は一般市販の青酸カリを溶解すれば大小差はあれ、どれも不夾雑物及び沈殿の少量混在す。…本毒殺事件に使用の毒物は純度悪しき工業用青酸塩で、入手比較的容易なものである」。つまり、平沢でも手に入り、純度の低い青酸カリであったがゆえに、その効力が遅効的になったのだ、と言いたかったのであろう。それにしても苦しい言い訳であり、半年前の彼らの見方とは何たる相違ではないか(以上は木下前掲書に拠った)。

さらに、ここには東大・慶應の解剖所見の違いや、東大の報告の乱れ、また重要な会議が私宅でなされたという不思議さなど様々指摘されているが、それらは割愛しよう。大事なことは、何故に本部の捜査方針の突然の転換がなされ、それに合わせたような奇怪な対応が次々取られたかである。清張や他の研究者、あるいは平沢冤罪説の支援者が一様に指摘するところであるが、そこにはGHQの介入があった。GHQは犯人を庇ったのではない。恐らく、犯行は731部隊の生き残りの一人に違いないが、これが露見すれば、そこから生体実験の膨大な資料と引き換えに免罪した石井部隊との取引、人体実験の隠蔽等が全世界に知れ渡ることを、GHQは恐れたのであろう。平沢はそのための生贄になったのである。日本政府はそれを容認した(この項、次回で終了の予定)。

2017年8月28日

8月28日・月曜日。晴れ。時に涼風そよぐ(前回の文章、若干だが、決定的な訂正あり)。

平沢関係の本を読んでいくと(と言って、ほんの数冊だが)、妙な気持に捉われる。彼の逮捕から日本堂事件の発覚に至るまでは、何か悪い夢を見ているうちに、犯人に仕立てられた。これは不運な偶然が重なった結果に過ぎず、いずれ事実が判明すれば釈放される。これまで運命に弄ばれた彼の命運は、やがて賽の目が変わってきっと吉となる。その筈であった。しかし「日本堂事件」は、彼を死刑囚へと追いやった。これを契機に国家意思の万力が作動し、どう足掻こうとも彼はこの窮状から逃れ出ることが出来なくなった。最早それは、偶然ではなく、必然となったのである。国家的要請を果たすために、彼は無理無理に罪を背負わされ、その道を歩まざるをえなくなった。こんな思いをもたざるをえない。

ここでは、使用された薬剤に関する証言者の変更についてのみ、一件、挙げておこう。捜査当局は当初から、事件の特殊性、毒物の手慣れた扱いに徴して、旧軍の細菌研究者を疑い、登戸研究所元所員にも捜査は及ぶ(昭和23年4月25・26日の事である)。その一人、杉山圭一は捜査一課小林・小川の両刑事に言う。「青酸カリでは危険でできないから、青酸ニトリールを使ったのが正しいと思われる」。これは同元所員たちの一致した見解である。

そして、後に薬剤の判定について重要な役割を果たした判 繁雄も、当初、同様の語り口であった。引用しておこう。「帝銀事件を思い起こして考えてみるに、青酸カリは即効的なものであって、一回先に薬を飲ませて第二回目を一分後に飲ませて、さらに飲んだ者がウガイに行って倒れた状況は、青酸カリとは思えない。青酸カリはサジ加減によって時間的に経過させて殺すことはできない。私にもしさせれば、青酸ニトリールでやる。青酸ニトリールを飲ませた場合は、青酸は検出できるが他の有機物は検出できない」。この証言は警視庁捜査第一課・甲斐文助係長の『帝銀椎名町支店員毒殺事件・捜査手記』に記録されているが、しかしこれは公文書ではなく、甲斐係長の個人的メモの扱いであった。ここにも平沢の不幸があった。

しかし、判は証人として、翌年の12月19日、長野地裁によばれ、証言を行うのである。裁判長は東京地裁の江里口清隆であり、帝銀担当の高木一検事が立ち会っている。そこでの興味深い証言はこうである(以下次回)。

2017年8月25日

8月25日・金曜日。相変わらずの蒸し暑さなるも、鶴巻公園のプラタナス、唐楓の葉僅かに色づく。秋近し(前回の文章、やや手直しする)。

平沢には魔が取り憑いたのであろうか。三菱銀行でのほんの一瞬の出来心が、その後の命運を決した。名刺の件も、考えてみれば馬鹿馬鹿しい限りである。22分の1が、何故平沢に絞られたのか。名刺にこだわるなら、山口姓であろう。この注文主こそ真犯人ではないのか等々。それ故、捜査本部もそこそこの尋問で彼を釈放するはずであった。

先にも言ったが、本部の線は別にあった。その理由は犯行の手口そのものの中にある。閉店直後、椎名町支店を訪れた男は、防疫班の腕章を付けており、支店長に厚生省技官の名刺(犯行後持ち帰られた)を差し出しながらこう切り出す。「近所の相田宅から使用する共同井戸がもとで4名の赤痢患者が出た(これは事実であった)。その家人が本日、当店で預金を引き出しているのが分かった。追って、GHQのホートク中尉の指示で消毒班が来るはずだが、その前に予防薬を飲んで貰いたい」。こう告げて、17個の湯飲みを用意させ、二瓶の薬液を取り出した。まず、第一薬をそれぞれの湯飲みにピペットで二回ずつ入れると、一個の湯飲みを取り上げ、飲みかたを指導する。これは歯に触れると琺瑯質が溶けるほど強力であるから「舌を前に出して薬を包み込んで、喉の奥に流し込むように一気に飲」み、あとで中和剤を飲んで貰う、と言いながら自ら飲み込んだ。

16名はそれに倣って、薬を飲むと、口の中がヒリツキ、争って中和剤なるものを飲んだ。それでも口中は収まらず、嗽の許可を求め、洗面所、風呂場へと駆け込むが、途中バタバタと折り重なるように倒れ込み、悶絶すると共に青みがかった液体を吐きながら息絶えた。その間、2分ほどである。この凄惨な場面は、映画からもよく分かる。

ここで注意したいことは、先ずピペットで16個の湯飲みに微量の致死量を正確かつ迅速に配分する技術である。犯人も同じ薬を飲んでいるのである。だから周囲の人々は疑念も持たず指示に従った。一歩間違えれば、彼も同じ目に合うはずであった。これは特殊の訓練と豊富な実践を経なければ出来ることではなく、テンペラ画家の平沢の及ぶところではなかろう。

次いで、死亡に至るまでの状況からみると、殺害の薬物は青酸化合物に違いないが、青酸カリとは考えにくい。青酸カリの場合、服用後ほぼ即死に近く、2分間の猶予はないそうだ。こうした遅効性の薬物は、スパイにとっては殊に有用であった。逃亡の時間が稼げるからであり、誰が仕掛けたかは直ちに判明しがたいからであろう。であれば、そうした毒物の開発が急がれたが、わが国の場合、登戸研究所で開発され、731部隊も中国で実験したという青酸ニトリールがある。帝銀で使用されたのはこれではなかったかと部隊関係者は見ていた。あの薬の飲ませ方は、含んだ薬を思わず吐き出させないようにするためであった。石井四郎もあれは自分の部隊の誰かではないかと言ったという。

警察はその線を追求し、すんでのところまで迫っていた。しかし、捜査はその直前で頓挫する。それは何故か(以下次回)。