2017年9月22日

9月22日・金曜日。小雨。晩夏、初秋の実感の無いまま、早や秋深し。

人の死の背後には様々な原因・理由があり、それらが特定されない不審死の場合、社会的に多少の耳目を引くものである。それが現下の重要人物となれば、のっぴきならない大きな社会問題になるのは避けられない。だがその死因が自殺と認定され、しかもその理由が病弱、精神的・家庭的困苦等全く個人的なものに留まり、それらが人々の得心をえられる程の整合性がつけば、一応、社会は納得し、それ以上の詮索は求めない。その限り、警察が捜査に乗り出すこともない。とすれば、自殺はその背後に蠢く闇にとっては、願ってもない死因となる。
下山貞則の死もそのようにして解決されるべき死の筈であった。だがそうはならなかった。自殺・他殺の説が入り乱れ、原因は特定されずに「下山事件」として、今に至るも未解決のままとなった。ゆえにこれは、司法的には決着を見た「帝銀事件」とは対蹠にある、別種の未決事件である。しかし彼の死は「自殺」ではない。他殺、しかもそれは「暗殺」であった。この事は政府自身が認めたことである。時の総理・吉田 茂は言っている。「日本政府は一九四九年夏に発生した国鉄総裁暗殺事件は、一人の朝鮮人による犯行と断定した」(柴田哲孝『完全版 下山事件最後の証言』562頁。祥伝社文庫・平成29年)。なお、600頁に及ぶ本書は興味深くも恐ろしい書である。ここでは、GHQの管理下にあり、二重統治に喘ぐ当時のわが国の政治・経済・社会の暗黒面を抉り出し、そうした広範な視野のもと「下山事件」が解明されていく。しかも、同時にそれは、この事件にも深く関わり、他に密輸・暗殺も手掛けたと言われる、得体の知れない貿易会社「亜細亜産業」の重役が著者の祖父であったという、何とも凄まじい家族の物語でもあるのである。
一朝鮮人の犯行とする吉田の言は、マッタクの出鱈目である。それは吉田自身も知っている。むしろ彼がここで言いたかったことは、当時取り沙汰されたGHQの事件への関与の否定であった。そんな事にでもなれば、漸く纏まりかけたサンフランシスコ講和条約は破綻し、これによって構築しようとする対ソ連に対する日米の防共政策は瓦解しようからである。とすれば、この事件に対する政府の対応の評価は難しい。本条約は、その後のドイツ、朝鮮半島の分断の歴史に徴すれば、わが国にとって計り難い恩恵をもたらしたことは争えないからである(以下次回)。

2017年9月11日

9月11日・月曜日。強い日差しなるも、吹く風は秋。

帝銀事件の翌年、すなわち昭和24年7月5日、国鉄総裁下山定則が国鉄本社に近い日本橋三越本店から忽然と姿を消し、翌日の未明、常磐線の北千住と綾瀬の中間辺りで轢断死体となって発見された。世に言う「下山事件」がこれである。

事件はこれに留まらなかった。むしろ、これに誘発されるようにして、10日後には、三鷹駅構内で無人の電車が暴走し、多数の死傷者をだす「三鷹事件」、翌月の17日には、「松川事件」として知られる東北本線松川駅近辺での列車顛覆事件と連発するのである。特に本事件の場合、現場は丁度カーブ状になっており、その地点のレールから犬釘を抜き、継ぎ目板2枚とボルトも外されていたと言うから、顛覆はどうみても人為的に惹き起こされた事件とみる他はない。政府はこの二つの事件を、国鉄合理化の阻止を目論む、共産勢力の仕業として断罪し、当初、裁判もそうした方向で進んでいくのである。これを見ても、労使双方の関係が如何なるものであったかが、察せられよう。

下山事件はその先駆けとして発生した。一か月前に就任したばかりの新総裁は、GHQの命を受け10万人規模の人員整理というとてつもない難題を背負わされ、折しも失踪事件前日(4日)に彼は30700人の解雇名簿を発表すると共に、その断行を宣言していた。それがいかほどの重圧であったか。ここには、外部からは伺い知れない、総裁の苦衷があったであろう。

だからであろうか、失踪に至る数日前の総裁の挙動は、傍から見ると腑に落ちない、何か錯乱したもののように見えた。轢断死の一報を受けたとき、総裁は自殺に追い込まれるほどの重圧の最中にあったのだろう。こう納得した人が少なくなかったのも無理からぬことであった。そして、警察も自殺説で処理しようとしたのである(以下次回)。

2017年9月5日

9月5日・火曜日。薄曇り。秋晴れとは程遠い陽気が続く。

帝銀事件については、関係図書を読むにつれ、その闇の深さと誰でもこうした罠に落とし込まれるのではないかとの恐怖を覚える。警察、検察、裁判所は一体となり、拷問まがいの取り調べから調書の改竄、証拠の捏造、それに基づく判決へと遮二無二突き進むが、ここには漸く掛かった獲物を是非にも真犯人として裁き、一刻も早く事件を決着させようようとの禍々しい意思を感ずる。それは、最高裁の判決により死刑囚となった平沢及び支援団体の必死の闘争と十数度の再審請求を、司法はことごとく棄却し、平沢の獄死後の今なお継続される請求運動からも見て取れる(この度第20回目の再審請求が出されるようである。浜田前掲書)。

事件は明治憲法から現憲法への転換の直後にあり、しかも刑法は旧法がそのまま踏襲され、いまだ客観的な物証より自白が重視され、かくて刑事や判事はなりふり構わず自白を求め、誘導的かつ強迫的な取り調べに走る時代であった。現憲法は公務員による拷問禁止を謳っているが、その精神は一顧だにされず、ここにも平沢の不幸があった。そうした多くの不備や占領下での、しかもGHQの介入までも疑われる大事件をこんな短文でケリを付けられる訳も無く、関心の向きには清張はじめ手ごろな本もあろうが、ここでは平沢救出に全財産と身命を捧げ、遂には子息まで平沢の養子になった森川哲郎『ドキュメント「闇の昭和史」秘録 帝銀事件』(祥伝社文庫)を挙げておく。

先に、帝銀事件には731部隊の関与があり、当初捜査本部はその線を追及していた、と言った。それがどの程度のものであったかを伺わせる文章が森川前書にあり、これを引用して、ひとまず我が帝銀事件考に始末をつけよう。

「成智警部補の提出した報告書には、次のように書かれてあった。

(一)帝銀の犯人は、自ら毒物を飲んで見せている。これは致死量の限界を知っている者だけにできる特異な技術である。

(二)使用した青酸カリ溶液は、最低致死量である。

この場合、初期中毒症状が発生するまで、一分ないし二分を要する。

現場に引き止め策として、第二薬と称し一分後に単なる水を飲ませていることは、実験の経験者か、その実験データを検討した者以外に、知ることのできない秘密である。

石井部隊以外の者にはできないのではないか?

(三)最低致死量の青酸カリを五グラムの水に溶解すると混濁する。帝銀現場で用いられた第一薬は、混濁していた。

(四)ピペットは、軍の特殊工作員の用いた駒込型ピペットであったが、その持ち方と飲ませ方が、軍で予防薬を飲ませたときと同じであり、軍医経験者か、同部隊要員以外にはあり得ない。

(五)冷静沈着な行動ぶり、いかにも医者らしい雰囲気と風格のもとに、最後まで事を処したのは、殺人の実験者特有のものである。

(六)結論として、この犯人は、七三一部隊出身者の容疑がきわめて濃厚である。

この結論のもとに、警視庁は、全能力をあげて真犯人を追いつめていた」(73頁)。

731部隊の線は新聞社でも追っていたようなのである。部隊の動静は米軍によって管理され、それはひた隠しにされていたが、遂にそれが漏れはじめた。読売新聞が突き止めた。そのとたん社会部次長大木氏が警視庁からの呼び出しを受け、急ぎ出向けば、米軍情報部のイートン中佐、藤田合同捜査本部長らからの、有無を言わせぬ厳命を受けた。「即刻に七三一部隊から手を引くように。」というのは「石井部隊は、米ソ戦に備えて、現在保護を加えて温存している状態である。これをアバキたてられては米軍は、国際的に非常に苦境に陥る。石井部隊全員も戦犯裁判に付さなければならない」(同211-2頁)。国家の大事の前には、一個人の命運など塵芥ほどの価値も無し、と言う事であろうか。それ故に恐ろしい話である。

この話はこれで終えるが、しかし731部隊の魔手はこれでは済まなかった。それを知って、私自身慄然としたのである(以下次回)。