2020年1月14,21日

1月14日・火曜日。晴れ。年改まり、早や半月。

1月21日・火曜日。晴れ。寒風やや強し。

 

前便では、山梨県の山中で目の当たりにする、無惨に抉り取られた「山川」の「真に荒涼とした」姿にたじろぐ一読者が、これは都会の建築資材用の土砂を採取するためだと、瞬時に了解された体験談を紹介したが、こうした事はなにも千葉や山梨に限ったことでは無いだろう。骨材として良質な土砂や砕石に恵まれ、都市への運搬が可能であれば、日本中どこでも起こり得るし、事実、それは発生していたのである。その詳細は佐久間前掲書にゆずるが、ここではその一例として京都府城陽市の場合を示しておきたい。荒れ果てた自然破壊に対して住民、市行政が一体となって挑戦し、何とか事態の改善に取り組む姿が、人をして勇気づけるからである。

当市は「京阪神という大都会に山砂を二十年間にわたって供給してきた、いわば関西における君津市である」。市の後背地に当たる丘陵地帯の山砂は格好の獲物であった。その果てはどうなったか。「沿道には廃屋があり、小川の川底が上がり、赤く変色しているのは君津と同じであった。採取跡地やヘドロ池が至る所にあり、吹き荒れた開発の嵐の結末を見せつけていた。深さが百メートルもありそうな採掘穴には驚いた。その穴は山イモを掘った跡のように深く抉られており、穴の底でパワー・シャベルを動かした作業員の身の上があわれであった。どこかが崩落すれば生き埋めになるのは、誰が見ても明らかで、現に崩落の跡があちこちに見られた。地獄を覗き込むようなおそろしさであった。

「その穴の傍らには百メートルはあるヘドロ池の堰堤が続いており、その中間あたりから下は、水位を示すように水が滲み出しており、堰堤の色が変わっていた。いつ決壊してもおかしくはない、と市職員は言う。市では、あちこちにあるこの採掘穴の処分に頭を痛めている」(前掲書、179-80頁)。

採掘の最盛期には一日6千台ものダンプが細い山道を疾駆し、道路を抉り、晴れれば砂塵、降れば泥道の中、小中学生の通学は常に危険と背中合わせであった。四六時中の地響きと砂ぼこりは安眠障害を来たし、入院を余儀なくされる住民たちが出てくる。行商人や新聞配達から見放され、タクシーは寄り付かず、急患の搬送もままならない。

かくて当市の住民たちは、こうした「人権侵害」、生活破壊の惨状を京都法務局に訴え出るのである(昭和42年)。また、同年、4月、7月には採取場からの泥水が70戸の住宅を襲って、被害総額推定13億円の損害を与えたとして、大阪通産局に対し、砂利採取法第九条にある「公益の保護」を業者に遵守させるよう要請したが、通産局は「法に違反しないので命令はできないし、罰することもできない」とニベもない回答であった。当時、30社に及ぶ採取業者が勝手気ままな採掘に専心できたのも、こうした事情があったからこそであろう。

だがこれを黙過すれば、住民の生命・財産は破壊されるばかりである。かくて住民、町一体となった一大住民運動が展開される。町会議員は街頭に飛び出し危機を訴え、一戸百円のカンパは総額52万円の資金となり、1万4千名の署名が集まった。これを基に、百名の陳情団が結成される。「10月11日、76歳を筆頭に老若男女100名が、タスキ、ハチマキ姿で夜行バス2台に分乗し、東京に向かった」。要求項目は砂利採取法改正、13億円の国による損害賠償、ダンプカー規制強化などを中心に、通産省他7箇所を陳情し、実情を訴える。この運動は全国的に報道され、各自治体にも大きな影響を与えた。さらには、衆参両院議員などが次々現地調査に入ることになり、陳情は成功した。

当時の町長であった島利一氏はこの運動についてこう語っている。「こうした山砂利の闘いの経験によって、町民自身が自分たちの団結の偉大さを学び、自分たちの暮らしは自分たちで守るのだという自治意識を持つようになったのです。そして、政治の不合理さは、住民運動の力で変えさせていくことに確信を深めたのです。それ以後、住民要求は非常に多く出されるようになった…」(182頁)。

まさに試練が人を、組織を鍛え上げると言う見本ともいうべき事例であろう。またそれ以後、各市町村、警察は条例、法令を見直し、生活権の保全、保護の対策を強化しつつあるようであるが、しかし他方で少しでも油断し、気を抜けば常に法の盲点をついた脱法行為が復活し、一つの決着は決して最終的な解決に至っていないことを本書は教えているのである(この項、終わり)。

2020年1月9日

令和2年 1月9日・木曜日。晴れ。

先ずは、年頭のご挨拶を申し上げます。明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。私事ですが、今年の賀状にはこんな一文を添えてみました。お蔭様をもって、クリエイト社の我が「ブログ「金子光男の手紙」も、時に読者からの励ましに支えられ、更新中です。しかし、今年「喜寿」の身。あれこれ手当や修繕の欠かせぬ歳となりました。

ハリに灸サプリ求めて除夜の鐘  みつお」

 

頂戴した賀状には、「手紙」を楽しみにしているとの添え書きがしばしば見られ、これが筆者を大いに喜ばせ、かつは勇気づけられました。さらに、印刷媒体では味わえない著者と読者との、同時的な双方向によるやり取りの醍醐味を教えられました。例えば、かつて山梨に赴任していたある読者の生々しい体験談です。「生まれてはじめて、河原をけずり、山をくずし、土砂を生みだす光景を目にしました。けずられた山川の姿は、衝撃的に恐ろしく、真に荒涼としたものでした。これで日本の建物をつくっているんだ、ここから建築資材として各地に運ぶんだ、このような山がちな所から、と瞬時に分かりました。それが20年以上前のことです…」。筆者の、ただ活字を介して知ったに過ぎない知識は、こうして実体験として裏付けられたのです。

さて、喜寿を迎えたわが体調は、昨年末の久しぶりの入院加療という文字通りの「大修繕」(ある賀状より)の甲斐もあって、本日ここに目出度く仕事初めが出来るまでに回復し、ここ当分は恙なく(と期待する)仕事に、遊び(⁈)に邁進できそうと、意を新たにしているところです。と言う次第ですので、改めまして、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019年12月17日

12月17日・火曜日。雨時々曇り。年内のわがスケジュールによれば、本日をもって、今年の「手紙」は休刊とさせて頂きます。読者諸氏には、ここに改めて本年のご愛読と励ましに感謝いたすと共に、来年についても宜しくお願い申し上げます。また、新年が皆様方にとり幸多き年でありますよう、心よりお祈りいたします。

 

少々時代を振り返ると、特に首都圏に限って言えば、その建設ラッシュが本格化するのは、恐らく前回の東京オリンピック開催前後からであろう。開催準備のため、各種の建造物をはじめ首都高速(現在337㎞)や新幹線の建設が、日に夜を継いで、突貫工事で進められた状況は、この度のNHK番組「いだてん」でも活写され、筆者も大学入学当時の東京を懐かしく思い出したことである。

もちろん建設ブームはこれで終わらない。例えば、昭和36年の下水道の23区普及率は22%に留まり、これが7割に達して隅田川の花火大会が再開されるのは、やっと昭和53年の事である。高層ビル建設の夜明けを開いたのは霞が関ビルであったが、その起工式は昭和40年に挙行され(竣工、同43年)、その流れは現在に続く。昭和37年に着手された東名高速道路の全線開通は、7年後の44年であった。これらに加えて都心の地下鉄の急速な建設と延伸を見れば(現在の営業キロ数、営団195㎞・都営109㎞)、オリンピック以降の都心の建設がいかに巨大であったかが想像されよう。なお、こうしたリストは幾らでも伸ばせる事に思いを致されたい。

さて、元に戻ろう。上で見てきた巨大建設群に不可欠な「骨材」の主成分である膨大な砂は、佐久間氏によれば、昭和40年頃では、その大半が「千葉県君津市を中心とする一帯」から供給された。「この地方では、山砂の採掘によって丘陵が次々と姿を消した。国定公園である標高三五二メートルの鹿野山(かのうさん)の場合は、いたる所に高さ一〇〇メートル前後の絶壁が出現し、山容が無惨に変わりつつある。

「問題は、その山砂の輸送の仕方であった。馬車が通っていた狭い砂利道にダンプカーが走り出したころ、住民は物珍しさも手伝って見守っていたが、いつの間にか交通量は一日四〇〇〇台にもなっていた。

「沿道の所々には、民家や商店が密集していた。ダンプカーが巻き上げる砂ほこりで、民家もダンプカーも見えなくなり、日中でもダンプカーはライトをつけ、住民は戸を閉めて電灯をともす日々が六年も続いた。道路はようやく舗装されたが、今度は、ダンプカーの荷台からこぼれ落ち、そのタイヤで細かく磨り潰された山砂の粉じん(塵)や、排気ガスによる黒い粉じんが、激しい風圧をともなって沿道を覆うという状態が、今日にいたるまで続いている(2011年現在、引用者注)。アルミサッシ戸が役に立たず、タンスの中まで汚れる家もある。

「沿道住民のじん肺問題が発表された翌年の、昭和五七年度における千葉県による測定では、ダンプカーによる粉じんの量は、月当たり最高が一五九トン、年平均でも九五トンである。工場地帯の煤煙が多い所でも、月当り一〇トン程度であるから、君津市のダンプ粉じんいかにすさまじいものであるかがわかろう。これに一〇〇ホンを越す騒音、振動、交通事故死や泥はねが加わって、沿道住民の平穏な生活は長い間破壊されたままである」(前掲書ⅱ~ⅲ頁)。そして、ダンプ公害の「張本人であるダンプカー運転手」は、ダンプカー購入時の巨額な借金と過酷な労働による健康被害に苦しむと言う。

そこで著者は言う。「開発という魔力によって犠牲にされた地域住民の怒りと慟哭に耳を傾けてみると、開発と機械文明の氾濫に身をまかせているわれわれのすべてが、その生き方を問われているような気がしてならない」(同書ⅳ頁)。こうして、発展する都市の背後で進行する地方の疲弊が浮き上がるのである(以下次回。この項終わり)。