臭気調査

平成12年6月に環境庁は「におい環境指針」を制定、その中で地域住民のよりよい生活環境の確保を図るため、「臭気環境目標」と「かおり環境目標」が提示されています。

主な調査方法

  • 人の嗅覚を用いて臭気判定士が行う嗅覚測定法
  • 臭気指数・臭気濃度(三点比較式臭袋法、三点比較式フラスコ法、官能試験法)
  • 分析機器による測定法(特定悪臭物質22項目)
  • ニオイセンサー、検知管等による臭気の評価

臭気測定認定事業所登録制度は、(社)臭気対策研究協会が臭気測定法の技術水準の向上および啓蒙、普及に資することを目的として創設した制度であり下記の2種類に分類されています。

  • 第1種臭気測定認定事業所
    臭気指数の測定および臭気排出強度の算定、無臭室または簡易無臭室による臭気強度、快・不快度等の試験を実施することが可能であり、さらに特定悪臭物質の濃度測定において相当の技術を有する事業所であるもの。
  • 第2種臭気測定認定事業所