室内空気測定(ホルムアルデヒド・TVOC測定)

当社においては、アクティブ法ならびにパッシブ法に関する溶出分析は行いませんが、各方法を依頼内容に基づいて吟味し、最良の検査機関、検査方法を選ぶお手伝いをいたします。

基本的な室内空気測定の実施方法

1. 室内空気測定の前に

1-1. 室内空気測定の目的

室内空気測定とは、新築または改築後の建物においてシックハウス症候群の対策として実施する、法令で定められた化学物質の濃度測定です。シックハウス症候群は、建材や家具などに使用されている化学物質(揮発性有機化合物(きはつせいゆうきかごうぶつ VOC Volatile Organic Compounds)が主要因とされ、目や鼻の痛み、頭痛・めまい・吐き気といった症状があらわれます。

1-2. 室内空気測定の2つの方法

  • アクティブ法(吸引方式)小型ポンプを用いて室内空気を強制的に捕集管に通気して化学物質を捕集する方法です。捕集する時間帯は、一般的に気温が高くなる午後2時~3時頃です。部屋の中央部1箇所で、床面より1.2~1.5mの高さで捕集します。
  • パッシブ法(拡散方式)簡易方法とも呼ばれ、小型捕集管を室内に8~24時間静置して室内の化学物質を捕集する方法です。この方法は現地での捕集作業が容易なため、集合住宅など多地点で同時測定を行う場合に用いられます。

1-3. 室内空気の測定基準

室内空気の測定基準は、厚生労働省の”室内空気中化学物質の測定マニュアル”が標準方法とされていますが、測定対象となる建物の種類によっても測定内容が定められています。

1) 厚生労働省:一般住宅・集合住宅の測定基準

新築住宅法は、室内空気中の揮発性有機化合物の最大濃度を推定するのが目的であり、居住住宅法は、居住、平常時における揮発性有機化合物の存在量や暴露量を推定するのが目的のため、新築ならびに改築住宅と居住住宅では測定時間が異なります。

①測定方法 アクティブ法(吸引方式)
 ②測定物質

13項目(ホルムアルデヒド・VOC等)

 ③測定準備 新築もしくは改築後の一般住宅・集合住宅
・・・換気30分間以上密閉5時間以上
居住している一般住宅・集合住宅
・・・換気・密閉不要
④測定時間 新築もしくは改築後の一般住宅・集合住宅
・・・30分間(午後2時~3時を含む)
居住している一般住宅・集合住宅
・・・原則24時間(午後2時~3時を含む)
⑤測定箇所 居間・寝室・外気(2室以上と外気1ヶ所)